コサイダイバラ Hypnea saidana f. gracilis
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年12月20日
 
コサイダイバラ(小斎田茨)
Hypnea saidana f. gracilis Tak. Tanaka 1941: 240. Pl. 53, Fig. 3.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),シストクロニウム科(Family Cystocloniaceae),"カヅノイバラ属(Genus Calliblepharis)"
 
Type locality: 石川県 柴垣
Holotype specimen: SAP 021687(北海道大学大学院理学研究院植物標本庫)
 
分類に関するメモ:サイダイバラ(Calliblepharis saidanaの品種です。サイダイバラはYang & Kim (2017)によってイバラノリ属(Hypnea)からCalliblepharis属に移されました。Hypnea saidanaの品種として記載されたf. gracilisCalliblepharis属との組み合わせは行われていません。
 
参考文献
 
Tanaka, T. 1941. The genus Hypnea from Japan. Scientific Papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 2: 227-250.
 
Yang, M.Y. and Kim, M.S. 2017. Molecular analyses and reproductive structure to verify the generic relationships of Hypnea and Calliblepharis (Cystocloniaceae, Gigartinales), with proposal of C. saidana comb. nov. Algae 32: 87-100.
 

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目シストクロニウム科サイダイバラ属コサイダイバラ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る