ホシガタウスバノリ Nitophyllum stellatocorticatum
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2021年5月23日
 
ホシガタウスバノリ(星形薄葉海苔)
Nitophyllum stellatocorticatum Okamura 1932: 96. Pl. 299. Pl. 300, Figs 10, 11. "N. stellato-corticatum"
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ウスバノリ亜科(Subfamily Nitophylloideae),ウスバノリ連(Tribe Nitophylleae),ウスバノリ属(Genus Nitophyllum
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ウスバノリ属(Genus Nitophyllum
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ウスバノリ属(Genus Nitophyllum
 
掲載情報
岡村 1936: 783. Fig. 378; 三上 1975: 127. Figs 1-13; 吉田 1998: 988. Pl. 3-99, Fig. E.
 
Type locality: 千葉県 館山
Type specimen: SAP herb. Okamura (北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
分類に関するメモ:原記載(岡村 1932)における本種の種形容語(種小名)の綴りは"stellato-corticatum"ですが,"stellatus"と"corticatus"はそれぞれ形容詞として用いられ,"stellatocorticatum"は合成語として作られていると考えられます。国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)深圳規約(2018)60.11条によると,合成語のハイフンの使用は訂正されるべき誤りとして扱われるため,ハイフンは削除するのが適当と考えられます。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 23 May 2021.
 
三上日出夫 1975. ホシガタウスバノリの新知見について.藻類 23: 127-132.
 
岡村金太郎 1932. 日本藻類圖譜 第6巻 第10集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科ウスバノリ亜科ウスバノリ連ウスバノリ属ホシガタウスバノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る