アリューシャンノコギリヒバ Odonthalia annae
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2021年5月15日
 
アリューシャンノコギリヒバ(アリューシャン鋸檜葉)
Odonthalia annae Perestenko 1973: 65. Fig. 3.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),フジマツモ連(Tribe Rhodomeleae),ノコギリヒバ属(Genus Odonthalia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),ノコギリヒバ属(Genus Odonthalia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),ノコギリヒバ属(Genus Odonthalia
 
掲載情報
Masuda 1982: 344. Figs 73-77. Pls 18, 19. Pl. 26, Fig. A. Pl. 27, Fig. A. Pl. 28, Figs C, D; 増田・山田 1980: 183. Figs 6-13; 吉田 1998: 1057-1058. Pl. 3-111, Fig. I.
 
その他の異名
  Odonthalia aleutica auct. non (C. Agardh) J. Agardh (1841); 岡村 1932: 75. Pl. 286; 1936: 904; Nagai 1941: 240.
 
Type locality: Iturup
Type specimen:
 
分類に関するメモ:本種の和名は「アリュウシャンノコギリヒバ」と表記されることがありますが,「現代仮名遣い」(内閣告示 1986)に従えば,「アリュウシャン」は「アリューシャン」が正しい表記となります。→「海藻和名問題」参照
 
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 15 May 2021.
 
Masuda, M. 1982. A systematic study of the tribe Rhodomeleae (Rhodomelaceae, Rhodophyta). Journal of the Faculty of Science, Hokkaido University, Series V (Botany) 12: 209-400.
 
増田道夫・山田家正 1980. 紅藻アリュウシャンノコギリヒバについて.藻類 28: 183-189.
 
Nagai, N. 1941. Marine algae of the Kurile Islands, II. Journal of the Faculty of Agriculture, Hokkaido Imperial University 46: 139-310.
 
岡村金太郎 1932. 日本藻類圖譜 第6巻 第8集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Perestenko, L.P. 1973. De speciebus novis Rhodymeniae Grev. et Odonthaliae Grev. notula. Novosti Sistematiki Nizshykh Rasteniy 10: 61-68.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科フジマツモ連ノコギリヒバ属アリューシャンノコギリヒバ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る