ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月25日(2013年9月20日更新)
 
ウガノモク(宇賀の藻屑)*函館市宇賀浦に由来します。
Stephanocystis hakodatensis (Yendo) Draisma, Ballesteros, F. Rousseau & T. Thibaut 2010: 1340.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),ヒバマタ目(Order Fucales),ホンダワラ科(Family Sargassaceae),ウガノモク属(Genus Stephanocystis
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ目(Order Fucales),ウガノモク科(Family Cystoseiraceae),ウガノモク属(Genus Cystoseira
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ目(Order Fucales),ホンダワラ科(Family Sargassaceae),ウガノモク属(Genus Stephanocystis
 
Basionym
  Cystophyllum hakodatense Yendo 1907: 32. Pl. 2, Figs 13-16; 1909: 79; 1911: 446. Fig. 137; 岡村 1924: 43. Pl. 211; 1936: 308. Fig. 162; Nagai 1940: 131.
Homotypic synonym
  Cystoseira hakodatensis (Yendo) Fensholt 1952: 563; 吉田 1993: 153. Fig. 76; 1998: 362. Pl. 2-29, Figs E, F.
 
Type locality: 北海道 日高 庶野
Lectotype specimen: SAPA(北海道大学 農学部)
 
分類に関するメモ:Draisma et al. (2010) は分子系統解析により,Cystoseira属が6つの属に分けられる事を示し,ウガノモクをCystoseira属からStephanocystis属に移しました。
 
ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
 
ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
 
ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
撮影地:北海道 函館市 住吉漁港;撮影日:2012年4月7日;採集者:鈴木雅大)
 
ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 田の浜荒神;採集日:2005年6月24日;採集者:鈴木雅大)
 
ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
気胞
 
ウガノモク Stephanocystis hakodatensis
付着器と体下部の枝
 
Draisma et al. (2010) はミトコンドリア・リボソームDNAの部分配列と色素体コードのpsbA遺伝子を用いた分子系統解析により,Cystoseira属が6つの属に分けられる事を示し,ネブトモク,エゾモク,ウガノモクをStephanocystis属に移しました。Stephanocystis属はTrevisan (1843)が記載し,Taylor (1945)によってCystoseira属のシノニムとされていた属です。Draisma et al. (2010)は属の形態的特徴については触れず,分子系統解析と分布域を基に属を再評価しました。Trevisan (1843) がStephanocystis属の特徴として挙げた形態形質はいずれも広義のCystoseira属に含まれますが,近年の分子系統に基づく系統分類学的手法によれば,分子データのみで属を定義する事も認められるのかもしれません。
 
参考文献
 
Draisma, S.G.A., Ballesteros, E., Rousseau, F. and Thibaut, T. 2010. DNA sequence data demonstrate the polyphyly of the genus Cystoseira and other Sargassaceae genera (Phaeophyceae). Journal of Phycology 46: 1329-1345.
 
Fensholt, D.E. 1952. A revision of the genus Cystophyllum. Summaries of Doctoral Dissertations...submitted to the Graduate School of Northwestern University 19: 560-563.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 20 September 2013.
 
Nagai, M. 1940. Marine algae of the Kurile Islands, I. Journal of the Faculty of Agriculture, Hokkaido Imperial University 46: 1-137.
 
岡村金太郎 1924. 日本藻類圖譜 第5巻 第3集.内田老鶴圃,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Taylor, W.R. 1945. Pacific marine algae of the Allan Hancock Expeditions to the Galapagos Islands. Allan Hancock Pacific Expeditions 12: i-iv, 1-528.
 
Trevisan, V.B.A. 1843. Synopsis generum algarum. Atti della Quarta Riunione degli Scienziati Italiani 4: 332-335.
 
Yendo, K. 1907. The Fucaceae of Japan. Journal of the College of Science, Tokyo Imperial University 21: 1-174.
 
遠藤吉三郎 1909. 莫語花.174 pp. 裳華房,東京.
 
遠藤吉三郎 1911. 海産植物学.748 pp. 博文館,東京.
 
吉田忠生 1993. ウガノモク.In: 堀 輝三(編) 藻類の生活史集成 第2巻 褐藻・紅藻類.pp. 152-153. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱ヒバマタ目
 
日本産海藻リスト黄藻植物門褐藻綱ヒバマタ亜綱ヒバマタ目ホンダワラ科ウガノモク属ウガノモク
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る