サナダグサ Dictyota coriacea
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年4月25日(2019年5月26日更新)
 
サナダグサ(真田草)
Dictyota coriacea (Holmes) I.K. Hwang, H.S. Kim & W.J. Lee 2004: 189.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),クリシスタ(Chrysista),褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ亜綱(Subclass Dictyotophycidae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),アミジグサ連(Tribe Dictyoteae),アミジグサ属(Genus Dictyota
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),サナダグサ属(Genus Pachydictyon)*Pachydictyon coriaceumとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),サナダグサ属(Genus Pachydictyon)*Pachydictyon coriaceumとして
 
Basionym
  Glossophora coriacea Holmes 1896: 251.
Homotypic synonym
  Pachydictyon coriaceum (Holmes) Okamura 1899: 39. Pl. 1, Figs 31-34; 岡村 1907: 105. Pl. 23. Pl. 24, Figs 6-12; 1936: 165. Fig. 84; 田中 1998: 223-224. Pl. 2-4, Fig. D. Pl. 2-9. Fig. C.
  Glossophorella coriacea (Holmes) Nizamuddin in Nizamuddin & A.C. Campbell 1995: 259.
Heterotypic synonym
  Dictyopteris johnstonei N.L. Gardner 1940: 270. Pl. 35. (Type locality: Lone Cove, California, USA)
 
Type locality: 静岡県 江之浦
Type specimen:
 
分類に関するメモ:サナダグサはサナダグサ属(Pachydictyon)のメンバーとされてきましたが,Hwang et al. (2004) は,サナダグサをPachydictyon属からアミジグサ属(Dictyota)に移しました。
 
サナダグサ Dictyota coriacea
 
サナダグサ Dictyota coriacea
撮影地:神奈川県 鎌倉市 七里ヶ浜;撮影日:2019年5月20日;撮影者:鈴木雅大
 
サナダグサ Dictyota coriacea
押し葉標本(採集地:神奈川県 鎌倉市 七里ヶ浜;採集日:2019年5月20日;採集者:鈴木雅大)
 
サナダグサ Dictyota coriacea
撮影地:千葉県 銚子市 アシカ島;撮影日:2014年5月3日;撮影者:鈴木雅大
 
サナダグサ Dictyota coriacea
押し葉標本(採集地:千葉県 安房郡 白浜町 根本(現 南房総市 根本);採集日:2002年11月20日;採集者:鈴木雅大)
 
サナダグサ Dictyota coriacea
体の横断面(採集地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);採集日:2016年5月9日)
 
本種は,体の横断面において,皮層細胞が2層になるという特徴から,サナダグサ属(Pachydictyon)として独立した属とされてきました。皮層細胞が1層なのがアミジグサ属(Dictyota),2層なのがサナダグサ属として,日本の教科書,図鑑でも良く取り上げられてきました。海藻を扱った臨海実習などでも,切片を作ってサナダグサとアミジグサを区別するという観察が定番でした。けれでも,一部のアミジグサ属では皮層細胞が部分的に2層になるものが知られており(例.アミジグサ Dictyota dichotoma),属の特徴としては曖昧なものでもありました。Hwang et al. (2004) は,皮層細胞の層数の違いは属の違いではないことと,rbcL, psaA, psbA遺伝子を用いた分子系統解析を基にサナダグサをアミジグサ属に移しました。その後,De Clerck et al. (2006) はPachydictyon属のタイプ種であるP. polycladumをアミジグサ属に移し,Pachydictyon属はアミジグサ属に含まれました。
 
参考文献
 
De Clerck, O., Leliaert, F., Verbruggen, H., Lane, C.E., De Paula, J.C., Payo, D.I. and Coppejans, E. 2006. A revised classification of the Dictyoteae (Dictyotales, Phaeophyceae) based on rbcL and 26S ribosomal DNA sequence data analyses. Journal of Phycology 42: 1271-1288.
 
Gardner, N.L. 1940. New species of Melanophyceae from the Pacific coast of North America. University of California Publications in Botany 19: 267-286.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 25 April 2011.
 
Holmes, E.M. 1896. New marine algae from Japan. Journal of the Linnean Society of London, Botany 31: 248-260, pls VII-XII.
 
Hwang, I.K., Kim, H.-S. and Lee, W.J. 2004. Evidence for taxonomic status of Pachydictyon coriaceum (Holmes) Okamura (Dictyotales, Phaeophyceae) based on morphology and plastid protein encoding rbcL, psaA and psbA gene sequences. Algae 19: 175-190.
 
Nizamuddin, M. and Campbell, A.C. 1995. Glossophorella a new genus of the Family Dictyotaceae (Dictyotales-Phaeophyta) and its ecology from the coast of the Sultanate of Oman. Pakistan Journal of Botany 27: 257-262.
 
Okamura, K. 1899. Contributions to the knowledge of the marine algae of Japan. III. Botanical Magazine, Tokyo 13: 2-10, 35-43, Plate I.
 
岡村金太郎 1907. 日本藻類圖譜 第1巻 第5集.内田老鶴圃,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
田中次郎 1998. 2.5 あみじぐさ目.In: 吉田忠生 著.新日本海藻誌.pp. 205-234. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・吉永一男 2010. 日本産海藻目録(2010年改訂版).藻類 58: 69-122.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱アミジグサ目
 
日本産海藻リスト黄藻植物門褐藻綱アミジグサ亜綱アミジグサ目アミジグサ科アミジグサ連アミジグサ属サナダグサ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る