ネバリモ Leathesia marina
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月26日(2019年5月5日更新)
 
ネバリモ(粘り藻)
Leathesia marina (Lyngbye) Decaisne 1842: 370.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),ナガマツモ科(Family Chordariaceae),ネバリモ属(Genus Leathesia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ナガマツモ目(Order Chordariales),ネバリモ科(Family Leathesiaceae),ネバリモ属(Genus Leathesia)*Leathesia difformisとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ナガマツモ目(Order Chordariales),ネバリモ科(Family Leathesiaceae),ネバリモ属(Genus Leathesia)*Leathesia difformisとして
 
Basionym
  Chaetophora marina Lyngbye 1819: 193. Pl. 66.
Heterotypic synonym
  Tremella difformis Linnaeus 1755: 429. nom. inval.
  Rivularia tuberiformis Smith 1809: 1956. nom. inval.
  Nostoc marinum C. Agardh 1810: 45. nom. inval.
  Leathesia tuberiformis S.F. Gray 1821: 301.
  Leathesia difformis Areschoug 1847: 376.
  Leathesia difformis var. tingitana Schousboe ex Bornet 1892: 237, no fig.
  Leathesia nana Setchell & N.L. Gardner 1924: 3.
  Leathesia amplissima Setchell & N.L. Gardner 1924: 3.
 
Type locality:
Type specimen:
 
ネバリモ Leathesia marina
 
ネバリモ Leathesia marina
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2019年4月22日;撮影者:鈴木雅大
 
ネバリモ Leathesia marina
撮影地:兵庫県 淡路市 大磯(淡路島);撮影日:2015年6月4日;撮影者:鈴木雅大
 
ネバリモ Leathesia marina
撮影地:神奈川県 三浦市 三崎町 小網代 荒井浜;撮影日:2011年5月19日;撮影者:鈴木雅大
 
ネバリモ Leathesia marina
体の横断面
 
ネバリモ Leathesia marina
体の横断面のスケッチ
 
外形がフクロノリ(Colpomenia sinuosaと良く似ていますが,体構造が大きく異なっているため,切片を作製すると容易に区別が付きます。切片を作り,本種とフクロノリの違いを観察するのは臨海実習などの定番メニューの一つです。慣れてくると手触りで両種を区別出来るようになりますが,2種が混生している所では,油断して痛い目を見ることがしばしばあります。
 
ネバリモ Leathesia marina
下部が密着してあたかも同じ付着器から生えてきたようになったネバリモとフクロノリ
 
ネバリモ Leathesia marina
ネバリモとカゴメノリ(Hydroclathrus clathratusが混ざり合って生えている様子
 
ネバリモ Leathesia marina
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 田の浜荒神;採集日:2001年6月22日;採集者:鈴木雅大)
 
ネバリモはこれまでLeathesia defformis (Linnaeus) Areschoug (1847)という種に充てられてきました。Leathesia defformisはコスモポリタン種で,世界的に良く知られた種ですが,Pedroche et al. (2008) は,L. defformisの基礎異名(Basionym)であるTremella difformis Linnaeusが非正式名(invalid name)であることを指摘し,本種の学名としてChaetophora marina Lyngbye (1819)を基礎異名とするL. marina (Lyngbye) Decaisne (1842)としました。ただし,L. defformisが非正式名というわけではなく,L. defformis Areschoug (1847)として正式名となります。いずれにしろ記載された年が早いL. marinaに優先権があります。当時の事情は分からないので著者の想像になりますが,もし,L. defformis Areschougが正式名であることをPedroche et al. (2008) が把握していたら,世界的に普及していた学名であるL. defformisを保存名(conserved name)として残すという選択肢もあったかもしれません。広く普及していて,かつ他の学名がこれまで使用された実績がほとんどない場合は,混乱を防ぐため普及している方の学名を保存名として提案することが可能で(国際藻類・菌類・植物命名規約 第14条),L. defformisを保存名としておいた方が混乱が少なかったのではないかと思わずにはいられません。良く知られた種名を変更する際は,慎重に検討しなければいけないでしょう・・・と思っていたのですが,1800年代の文献を調べていると,L. marinaの名前がしばしば出てくることが分かりました。ネバリモの学名としてL. marinaを用いるのは分類学の慣習からみても正しいのかもしれません。分類学は歴史的側面もあるということを改めて理解しました。
 
参考文献
 
Agardh, C.A. 1810. Dispositio algarum Sueciae, quam, publico examini subjiciunt Carl Adolf Agardh...& Gustav Sannberg Blekingus die viii decembris mdcccx. p. i. h. & l.s. pp. Pars 1: [1]-16. Berling, Lund.
 
Areschoug, J.E. 1847. Phycearum, quae in maribus Scandinaviae crescunt, enumeratio. Sectio prior Fucaceas continens. Nova Acta Regiae Societatis Scientiarum Upsaliensis 13: 223-382, pls I-IX.
 
Bornet, E. 1892. Les algues de P.-K.-A. Schousboe. Mémoires de la Société des Sciences naturelles de Cherbourg 28: 165-376.
 
Decaisne, J. 1842. Essais sur une classification des algues et des polypiers calcifères de Lamouroux. Annales des Sciences Naturelles, Botanique, Seconde série 17: 297-380, pls 14-17.
 
Gray, S.F. 1821. A natural arrangement of British plants, according to their relations to each other, as pointed out by Jussieu, De Candolle, Brown, &c. including those cultivated for use; with an introduction to botany, in which the terms newly introduced are explained; illustrated by figures. 824 pp., pls I-XXI plates. Printed for Baldwin, Cradock & Joy, Paternoster-Row, London.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 November 2011.
 
Linnaeus, C. 1755. Flora suecica; exhibens plantas per regnum Sueciae crescentes, systematice cum differentiis specierum, synonymis autorum, nominibus incolarum, solo locorum, usu pharmacopaeorum. 464 pp. Impensis Laurentii Salvii, Holmiae.
 
Lyngbye, H.C. 1819. Tentamen hydrophytologiae danicae continens omnia hydrophyta cryptogama Daniae, Holsatiae, Faeroae, Islandiae, Groenlandiae hucusque cognita, systematice disposita, descripta et iconibus illustrata, adjectis simul speciebus norvegicis. 248 pp., 70 pls. typis Schultzianis, in commissis Librariae Gyldendaliae, Hafniae.
 
Pedroche, P.F., Silva, P.C., Aguilar Rosas, L.E., Dreckmann, K.M. and Aguilar Rosas, R. 2008. Catálogo de las algas benthónicas del Pacífico de México II. Phaeophycota. pp. 15-146. Universidad Autónoma Metropolitana and University of California Berkeley, Mexicali & Berkeley.
 
Setchell, W.A. and Gardner, N.L. 1924. Phycological contributions, VII. University of California Publications in Botany 13: 1-13.
 
Smith, J.E. 1809. English botany; or, coloured figures of British plants, with their essential characters, synonyms, and places of growth. To which will be added, occasional remarks... Vols 1-36. Vol. 30, Plates 2089-2098. London: printed for the author by J. Davis.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱シオミドロ目ナガマツモ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る