コナウミウチワ Padina crassa
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年7月20日(2020年6月23日更新)
 
コナウミウチワ(粉海団扇)
Padina crassa Yamada 1931: 67. Pl. 17, Fig. 2.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ亜綱(Subclass Dictyotophycidae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),シマオウギ連(Tribe Zonarieae),ウミウチワ属(Genus Padina
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),ウミウチワ属(Genus Padina
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),アミジグサ目(Order Dictyotales),アミジグサ科(Family Dictyotaceae),ウミウチワ属(Genus Padina
 
掲載情報
岡村 1932: 83. Pl. 284, Figs 5-11; 1936: 183; 長谷川 1951: 57. Fig. 5; 川口 1993: 98-99. Fig. 49; 田中 1998: 226. Pl. 2-9, Figs H, I. Pl. 2-10, Fig. B.
 
その他の異名
  Padina pavonia auct. non (Linnaeus) J.V. Lamouroux (1816); 岡村 1902: 108.
 
Type locality: 石川県 柴垣
Type specimen: SAP(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫)
 
分類に関するメモ:Abbott & Huisman (2004) はコナウミウチワ(Padina crassa)をP. gymnosporaの異名同種(シノニム)としています。Padina crassaP. gymnosporaの関係について分類学的研究は行われていませんが,本サイトではNi-Ni-Win et al. (2011) に従い,独立の種としました。
 
コナウミウチワ Padina crassa
 
コナウミウチワ Padina crassa
 
コナウミウチワ Padina crassa
撮影地:神奈川県 藤沢市 江ノ島 稚児ヶ淵;撮影日:2018年6月15日;撮影者:鈴木雅大
 
コナウミウチワ Padina crassa
撮影地:兵庫県 南あわじ市 津井(淡路島);撮影日:2020年6月23日;撮影者:鈴木雅大
 
コナウミウチワ Padina crassa
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2003年4月29日;採集者:鈴木雅大)
 
コナウミウチワ Padina crassa
 
コナウミウチワ Padina crassa
押し葉標本(採集地:新潟県 佐渡郡 相川町 千畳敷(現 佐渡市 千畳敷);採集日:2002年9月11日;採集者:鈴木雅大)
 
コナウミウチワ Padina crassa
押し葉標本(採集地:千葉県 安房郡 白浜町 根本(現 南房総市 根本);採集日:2001年9月3日;採集者:鈴木雅大)
 
コナウミウチワ Padina crassa
体の先端部の縦断面
 
コナウミウチワ Padina crassa
体の先端部の縦断面と胞子嚢群
 
コナウミウチワ Padina crassa
胞子嚢群
 
コナウミウチワ Padina crassa
体の縦断面
 
コナウミウチワ Padina crassa
体の横断面
 
コナウミウチワ Padina crassa
体の横断面のスケッチ
 
 
参考文献
 
Abbott, I.A. and Huisman, J.M. 2004. Marine green and brown algae of the Hawaiian Islands. 259 pp. Bishop Museum Press, Honolulu.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2015. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 22 June 2015.
 
長谷川由雄 1951. 道南の離島に於ける海藻フロラ及びその資源に関する研究 第2報 小島に産する二,三の海藻について.北海道区水産研究所研究報告 1: 52-60.
 
川口栄男 1993. コナウミウチワ.In: 堀 輝三(編) 藻類の生活史集成 第2巻 褐藻・紅藻類. pp. 98-99. 内田老鶴圃, 東京.
 
Ni-Ni-Win, Hanyuda, T., Arai, S., Uchimura, M., Prathep, A., Draisma, S.G.A., Phang, S.M., Abbott, I.A., Millar, A.J.K. and Kawai, H. 2011. A taxonomic study of the genus Padina (Dictyotales, Phaeophyceae) including the description of four new species from Japan, Hawaii, and the Andaman Sea. Journal of Phycology 47: 1193-1209.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙.276 pp. 敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1932. 日本藻類圖譜 第6巻 第9集.内田老鶴圃,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
田中次郎 1998. 2.5 あみじぐさ目. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 205-234. 内田老鶴圃,東京.
 
Yamada, Y. 1931. Notes on some Japanese algae II. Journal of the Faculty of Science, Hokkaido Imperial University. Series 5, Botany 1: 65-76.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱アミジグサ目

日本産海藻リスト黄藻植物門褐藻綱アミジグサ亜綱アミジグサ目アミジグサ科シマオウギ連ウミウチワ属コナウミウチワ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る