マメタワラ Sargassum piluliferum
作成者:鈴木 雅大 作成日:2012年5月3日(2017年1月11日更新)
 
マメタワラ(豆俵)
Sargassum piluliferum (Turner) C. Agardh 1820: 27.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),ヒバマタ目(Order Fucales),ホンダワラ科(Family Sargassaceae),ホンダワラ属(Genus Sargassum),ホンダワラ亜属(Subgenus Sargassum
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ目(Order Fucales),ホンダワラ科(Family Sargassaceae),ホンダワラ属(Genus Sargassum
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ目(Order Fucales),ホンダワラ科(Family Sargassaceae),ホンダワラ属(Genus Sargassum
 
Basionym
  Fucus pilulifer Turner 1807: 145-146. Pl. 65.
Heterotypic synonym
  イトモク Sargassum setaceum Yendo 1905: 154.
 
Type locality: 長崎
Type specimen: BM (The Natural History Museum, London, UK)
 
日本海側で撮影・採集したもの
 
マメタワラ Sargassum piluliferum
 
マメタワラ Sargassum piluliferum
撮影地:兵庫県 豊岡市 竹野町 大浦湾;撮影日:2016年12月26日;撮影者:鈴木雅大
 
マメタワラ Sargassum piluliferum
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 柳沢(現 佐渡市 柳沢);採集日:2002年11月6日;採集者:鈴木雅大)
 
マメタワラ Sargassum piluliferum
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 鷲崎(現 佐渡市 鷲崎);採集日:2002年3月10日;採集者:鈴木雅大)
 
本州太平洋沿岸中部で採集した標本
 
多くのホンダワラ類と同じく,本種も日本海側と太平洋側とで形態が大きく異なります。以下は太平洋側で採集した標本です。
 
マメタワラ Sargassum piluliferum
 
マメタワラ Sargassum piluliferum
押し葉標本(採集地:千葉県 館山市 船形;採集日:2006年2月4日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
Agardh, C.A. 1820 '1821'. Species algarum rite cognitae, cum synonymis, differentiis specificis et descriptionibus succinctis. Volumen primum. Pars prima. pp. 1-168. Lundae: ex officina Berlingiana.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 3 Mar. 2020.
 
島袋寛盛 2015. 日本産南方系ホンダワラ属 19回目:南日本産マメタワラSargassum piluliferum. 海洋と生物 37: 660-664.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 ヒバマタ目ホンダワラ科ホンダワラ属

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る