ヒマラヤスギ Cedrus deodara
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年1月31日
 
ヒマラヤスギ(別名:ヒマラヤシーダー)
Cedrus deodara (Roxburgh) G. Don in Loudon (1830)
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),裸子植物("Gymnospermae"),マツ(球果植物)綱(Class Coniferopsida),マツ目(Order Pinales),マツ科(Family Pinaceae),モミ亜科(Subfamily Abietoideae),ヒマラヤスギ属(Genus Cedrus
 
新エングラー体系:裸子植物門(Phylum Gymnospermae),マツ(球果植物)綱(Class Coniferopsida),マツ目(Order Coniferales),マツ科(Family Pinaceae)
 
Basionym
  Pinus deodara Roxburgh
 
ヒマラヤスギ Cedrus deodara   ヒマラヤスギ Cedrus deodara
撮影地:東京都 台東区 池之端 岩崎邸;撮影日:2010年6月5日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒマラヤスギ Cedrus deodara
撮影地:新潟県 西区 新潟大学 理学部キャンパス;撮影日:2003年7月21日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒマラヤ山脈西部原産の栽培植物です。
 
参考文献
 
米倉浩司・梶田忠 2003-. BG Plants 和名−学名インデックス(YList), http://ylist.info(2011年1月25日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門裸子植物マツ目マツ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る