シロマツ Pinus bungeana
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年3月28日
 
シロマツ(白松)
Pinus bungeana Zuccarini ex Endlicher, 1847
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),裸子植物("Gymnospermae"),マツ綱(Class Coniferpsida),マツ目(Order Coniferae),マツ科(Family Pinaceae),マツ亜科(Subfamily Pinoideae),マツ属(Genus Pinus)
 
新エングラー体系:裸子植物門(Phylum Gymnospermae),マツ(球果植物)綱(Class Coniferopsida),マツ目(Order Coniferales),マツ科(Family Pinaceae)
 
シロマツ Pinus bungeana
 
シロマツ Pinus bungeana
 
シロマツ Pinus bungeana
 
シロマツ Pinus bungeana
 
シロマツの樹皮
撮影地:兵庫県 明石市 兵庫県立明石公園;撮影日:2020年2月8日;撮影者:鈴木雅大
 
中国原産の栽培植物です。葉が三葉なのでそれだけでも日本の末とは異なるのですが,何よりも樹皮が特徴的です。まるでカリンやプラタナスのような樹皮をしており,樹皮だけ見たらとても松の仲間とは思えません。マツ目マキ科のナギも似たような樹皮になるので特別なことではないのかもしれませんが,初めて見たときは大変驚きました。この樹皮は成長すると白くなるそうで,和名「白松」の由来となっているそうです。
 
参考文献
 
米倉浩司・梶田忠 2003-.「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2020年3月28日閲覧)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門裸子植物マツ目マツ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る