Microthamnion kuetzingianum
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年5月23日
 
ミクロタムニオン・ケッチンギアヌム
Microthamnion kuetzingianum Nägeli ex Kützing 1849: 352.
 
緑藻植物門(Phylum Chlorophyta),トレボウクシア藻綱(Class Trebouxiophyceae),ミクロタムニオン目(Order Microthamniales),ミクロタムニオン科(Family Microthamniaceae),ミクロタムニオン属(Genus Microthamnion
 
  Type locality:
  Type specimen:
 
Microthamnion kuetzingianum
 
Microthamnion kuetzingianum
 
Microthamnion kuetzingianum
 
Microthamnion kuetzingianum
採集地:青森県 弘前市 吉野町 御膳水;採集日:2012年5月5日;撮影者:鈴木雅大
 
淡水紅藻のカワモズク属(Batrachospermum)の体上に着生していました。葉緑体が板状でピレノイドを欠くこと,単核であること,主軸が不明瞭なことから本種と同定しました。かつてはカエトフオラ属(Chaetophora)やツルギミドロ属(Draparnaldia),Stigeoclonium属などとともに緑藻綱(Chlorophyceae)のメンバーとされてきましたが,細胞分裂の型や鞭毛装置の形態の違いから現在はトレボウクシア藻綱に移されています。また,Neustupa et al. (2011)は,ミクロタムニオン目(Microthamniales)のメンバーとしました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 23 May 2012.
 
廣瀬弘幸・山岸高旺 編. 1977. 日本淡水藻図鑑. 内田老鶴圃, 東京, 933 pp.
 
Kützing, F.T. 1849. Species algarum. F.A. Brockhaus, Lipsiae. 922 pp.
 
中山 剛・山口晴代 2018. プランクトンハンドブック.144 pp. 文一総合出版,東京.
 
Neustupa, J., Eliás, M., Skaloud, P., Nemcová, Y. and Sejnohová, L. 2011. Xylochloris irregularis gen. et sp. nov. (Trebouxiophyceae, Chlorophyta), a novel subaerial coccoid green alga. Phycologia 50: 57-66.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界緑藻植物門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る