タンポヤリ Struvea okamurae
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2021年11月7日
 
タンポヤリ(たんぽ槍)
Struvea okamurae Leliaert in Leliaert et al. 2007: 721.
 
緑藻植物門(Phylum Chlorophyta),アオサ藻綱(Class Ulvophyceae),シオグサ目(Order Cladophorales),アオモグサ科(Family Boodleaceae),アミハ属(Genus Struvea
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:緑藻綱(Class Chlorophyceae),ミドリゲ目(Order Siphonocladales),マガタマモ科(Family Siphonocladaceae),タンポヤリ属(Genus Chamaedoris
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:緑藻綱(Class Chlorophyceae),クダネダシグサ目(Order Siphonocladales),アオモグサ科(Family Boodleaceae),アミハ属(Genus Struvea
 
掲載情報
香村 2018: 615.
 
Homotypic synonym
  Chamaedoris orientalis Okamura & Higashi in Okamura 1931: 98. Pl. 10; 1932: 68. Pl. 284, Figs 8-15; 1936: 44. Fig. 22; Yamada 1934: 48. Fig. 11; Yamada & Tanaka 1938: 56. Fig. 2; 大城 1961: 53; 榎本 1994: 243. Fig. 119; 吉田 1998: 85-86. Pl. 1-5, Figs G, H. *Replaced synonym
 
Type locality: 台湾 蘭島(紅頭嶼)
Holotype specimen: SAP herb. Okamura (北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
環境省レッドリスト2020:準絶滅危惧(NT);鹿児島県レッドリスト(2015):準絶滅危惧;沖縄県版レッドデータブック第3版(2018):準絶滅危惧(NT)
 
分類に関するメモ:タンポヤリは,Chamaedoris orientalisに充てられてきましたが,Leliaert et al. (2007) は,C. orientalisChamaedoris属からアミハ属(Struvea)に移しました。既にS. orientalis A. Gepp & E.S. Gepp (1908) という種類が記載されているため,Struvea okamuraeとして新名を提唱しました。
 
参考文献
 
榎本幸人 1994. タンポヤリ.In: 堀 輝三(編) 藻類の生活史集成 第1巻 緑色藻類.pp. 242-243. 内田老鶴圃,東京.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 7 November 2021.
 
香村眞徳 2018. タンポヤリ.In: 改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 第3版(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-.p. 615. 沖縄県環境部自然保護課,沖縄.
 
Leliaert, F., Millar, A.J.K., Vlaeminck, C. and Coppejans, E. 2007. Systematics of the green macroalgal genus Chamaedoris Montagne (Siphonocladales), with an emended description of the genus Struvea Sonder. Phycologia 46: 709-725.
 
大城 肇 1961. 沖縄伊計島産タンポヤリについて.藻類 9: 53-56.
 
Okamura, K. 1931. On the marine algae from Kôtôsho (Botel Tobago). Bulletin of the Biogeographical Society of Japan 2: 95-122.
 
岡村金太郎 1932. 日本藻類圖譜 第6巻 第7集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Yamada, Y. 1934. The marine Chlorophyceae from Ryukyu, especially from the vicinity of Nawa. Journal of the Faculty of Science, Hokkaido Imperial University Ser. 5, 3: 33-88.
 
Yamada, Y. and Tanaka, T. 1938. The marine algae from the Island of Yonakuni. Scientific Papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 2: 53-86.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
日本産海藻リスト緑藻植物門アオサ藻綱シオグサ目アオモグサ科アミハ属タンポヤリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る