ウムトゥチュラノリ Ulva limnetica
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2021年9月5日
 
ウムトゥチュラノリ(うむとぅ美ら海苔)*「うむとぅ」の語源は調査中です。
Ulva limnetica K. Ichihara & Sa. Shimada in Ichihara et al. 2009: 96. Figs 3-4.
 
緑藻植物門(Phylum Chlorophyta),アオサ藻綱(Class Ulvophyceae),アオサ目(Order Ulvales),アオサ科(Family Ulvaceae),アオサ属(Genus Ulva
 
掲載情報
Ogawa et al. 2013: 645. Figs 27-32.
 
Type locality: 沖縄県 与那国島 田原川
Holotype specimen: SAP 105561 (北海道大学大学院理学研究科植物標本庫)
 
分類に関するメモ:Ogawa et al. (2013) は,福井県三方五湖の汽水域でウムトゥチュラノリ(Ulva limnetica)を採集,報告しました。ウムトゥチュラノリは,Ichihara et al. (2009)が与那国島の田原川から記載した淡水藻類ですが,本リストの掲載方針として「汽水産種」も「海藻」として扱っているので,リストに掲載致しました。なお,「ウムトゥチュラノリ」の語源について,10年位前に命名者に教えて頂いたのですが,恥ずかしながらスッカリ忘れてしまいました。機会があればもう一度教えを請いたいと思います。

余談ですが,淡水産のアオノリ類としては,Harvey (1860)が琉球の淡水の止水(stagnant pools)から記載したEnteromorpha caerulescensが知られています。岡村(1936)とDawson (1959)の記述によると,E. caerulescensは,不規則に分枝し,小枝は尖ることからウムトゥチュラノリとは別種と考えられ,亜熱帯地域では淡水産のアオノリ類が複数分布している可能性があります。ウムトゥチュラノリは,淡水,汽水,海水の全ての条件で培養可能で,海水から淡水に適応していった種と考えられています(市原 2014)。ウムトゥチュラノリの近縁種,あるいは良く似た生活形を持つ淡水産種が見つかれば面白いと思うのですが,Charles WrightがE. caerulescensを「琉球」のどこで採集したかを特定するのは困難と思われ,E. caerulescensの再発見は難しいかもしれません。

 
参考文献
 
Dawson, E.Y. 1959. William H. Harvey's report on the marine algae of the United States North Pacific exploring expedition of 1853-1856. Pacific Naturalist 1: 1-40.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 5 September 2021.
 
Harvey, W.H. 1860. Characters of new algae, chiefly from Japan and adjacent regions, collected by Charles Wright in the North Pacific Exploring Expedition under Captain James Rodgers. Proceedings of the American Academy of Arts and Sciences 4: 327-335.
 
市原健介 2014. 海藻類における低塩濃度への適応機構.藻類 62: 15-18.
 
Ichihara, K., Arai, S., Uchimura, M., Fay, E.J., Ebata, H., Hiraoka, M. and Shimada, S. 2009. New species of freshwater Ulva, Ulva limnetica (Ulvales, Ulvophyceae) from the Ryukyu Islands, Japan. Phycological Research 57: 94-103.
 
Ogawa, T., Ohki, K. and Kamiya, M. 2013. Differences of spatial distribution and seasonal succession among Ulva species (Ulvophyceae) across salinity gradients. Phycolgia 52: 637-651.
 
岡村金太郎 1916. 日本藻類名彙 第2版.362 pp. 成美堂,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
 
日本産海藻リスト緑藻植物門アオサ藻綱アオサ目アオサ科アオサ属ウムトゥチュラノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る