ヒイロチャワンタケ Aleuria aurantia
作成者:丸山健一郎・鈴木雅大 作成日:2013年12月19日
 
ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)
Aleuria aurantia (Persoon) Fuckel 1870: 325.
 
菌界(Kingdom Fungi),子嚢菌門(Phylum Ascomycota),チャワンタケ亜門(Subphylum Pezizomycotina),チャワンタケ綱(Class Pezizomycetes),チャワンタケ亜綱(Subclass Pezizomycetidae),チャワンタケ目(Order Pezizales),ピロネマキン科(Family Pyronemataceae),ヒイロチャワンタケ属(Genus Aleuria
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:子嚢菌亜門(Suborder Ascomycotina),盤菌綱(Class Discomycetes),チャワンタケ目(Order Pezizales),ピロネマキン科(Family Pyronemataceae),ヒイロチャワンタケ属(Genus Aleuria
 
Basionym
  Peziza aurantia Persoon 1800: 76.
 
ヒイロチャワンタケ Aleuria aurantia
撮影地:奈良県 北葛城郡 王寺町;撮影日:2012年11月;撮影者:丸山健一郎 氏
 
夏から秋に粘土質の裸地や道ばたの崖土上などに群生することがある大型のチャワンタケ。鮮やかな色彩の美しいキノコですが、非常にもろくて、触ると簡単に壊れます。
 
参考文献
 
Index Fungorum Partnership 2013. Record details: Aleuria aurantia (Pers.) Fucke in Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/Names/NamesRecord.asp?RecordID=473871.(閲覧日 2013年12月18日)
 
幸徳伸也 「日本産きのこ目録2014 http://koubekinoko.chicappa.jp/nihonsannkinoko/2014/nihonsannkinoko2014.htm」(閲覧・ダウンロード日 2013年12月16日)
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界子嚢菌門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る