カエンタケ Trichoderma cornu-damae
作成者:丸山健一郎・鈴木雅大 作成日:2013年12月17日
 
カエンタケ(火焔茸,火炎茸)
Trichoderma cornu-damae (Patouillard) Z.X. Zhu & W.Y. Zhuang 2014: 1207.
 
菌界(Kingdom Fungi),子嚢菌門(Phylum Ascomycota),チャワンタケ亜門(Subphylum Pezizomycotina),フンタマカビ綱(Class Sordariomycetes),ニクザキン亜綱(Subclass Hypocreomycetidae),ニクザキン目(Order Hypocreales),ニクザキン科(Family Hypocreaceae),トリコデルマキン属(Genus Trichoderma
 
* 今関・本郷(1989)「原色日本新菌類図鑑 (II)」における分類体系:子嚢菌亜門(Suborder Ascomycotina),核菌綱(Class Pyrenomycetes),ニクザキン目(Order Hypocreales),ニクザキン科(Family Hypocreaceae),ツノタケ属(Genus Podostroma)*Podostroma cornu-damaeとして
 
Basionym
  Hypocrea cornu-damae Patouillard 1895: 198.
Homotypic synonym
  Podostroma cornu-damae (Patouillard) Boedijn 1934: 274.
 
カエンタケ Trichoderma cornu-damae
撮影地:滋賀県 大津市 龍谷大学瀬田キャンパス付近;撮影日:2012年9月;撮影者:丸山健一郎 氏
 
触るのも危険な毒キノコとして知られています。赤く枝分かれした姿を火炎に見立てた名前ですが,枝分かれしないときもあります。高さは数cm~10cm程度。毒性はきわめて強く,性分はトリコテセン類といわれる猛毒物質です。多くの毒キノコは食べない限りは中毒の危険はまずありませんが,本種に関しては触れてもいけません。
 
参考文献
 
吹春俊光 監修.中島淳志 著.大作晃一 写真.2017. しっかり見わけ 観察を楽しむ きのこ図鑑.319 pp. ナツメ社,東京.
 
Index Fungorum Partnership 2013. Record details: Podostroma cornu-damae (Pat.) Boedijn, Bull. Jard. bot. Buitenz, 3 Sér. 13: 274 (1934) in Index Fungorum. http://www.indexfungorum.org/Names/NamesRecord.asp?RecordID=307789. (閲覧日 2013年12月18日)
 
幸徳伸也 2019. 日本産きのこ目録2020. http://koubekinoko.chicappa.jp/(閲覧・ダウンロード日 2020年1月18日)
 
NPO法人 武蔵野自然塾 編.2017. 危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編.132 pp. 文一総合出版,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ菌界子嚢菌門フンタマカビ綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る