ヒサゴクサキリ Palaeoagraecia lutea
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年8月25日
 
ヒサゴクサキリ(瓢草切)
Palaeoagraecia lutea (Redtenbacher, 1891)
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)上界(Superkingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),新翅下綱(Infraclass Neoptera),多新翅上目(Superorder Polyneoptera),バッタ(直翅)目(Order Orthoptera),キリギリス亜目(Suborder Ensifera),キリギリス上科(Superfamily Tettigonioidea),キリギリス科(Family Tettigoniidae),ササキリ亜科(Subfamily Conocephalinae),アグラエキア族(Tribe Agraeciini),パラエオアグラエキア属(Genus Palaeoagraecia
 
ヒサゴクサキリ Palaeoagraecia lutea
 
ヒサゴクサキリ Palaeoagraecia lutea
 
ヒサゴクサキリ Palaeoagraecia lutea
 
ヒサゴクサキリ Palaeoagraecia lutea
撮影地: 兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年8月25日;撮影者:鈴木雅大
 
顔の緑色の模様が特徴的な種類です。初めて名前を聞いたときは何が「ひさご(=ヒョウタン)」なのかと不思議に思いましたが,背中の模様がヒョウタン形をしていると知って納得しました。
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱バッタ(直翅)目キリギリス上科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る