オオゲジ Thereuopoda clunifera
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年7月20日(2020年11月8日更新)
 
オオゲジ(大蚰蜒)
Thereuopoda clunifera (Wood, 1862)
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),多足亜門(Subphylum Myriapoda),ムカデ(唇脚)綱(Class Chilopoda),ゲジ目(Order Scutigeromorpha),ゲジ科(Family Scutigeridae),オオゲジ属(Genus Thereuopoda
 
オオゲジ Thereuopoda clunifera
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2015年10月20日;撮影者:鈴木雅大
 
職場の外壁に張り付いていたオオゲジです。体長2, 3 cm程度の小さな個体です。恥ずかしながらゲジとオオゲジの違いを大きさ位しか認識していなかったため,数年間「ゲジ」として画像を公開してしまっておりました。体の模様にはっきりとした違いがあることを改めて認識しました。
 
オオゲジ Thereuopoda clunifera
 
オオゲジ Thereuopoda clunifera
撮影地:千葉県 市川市 大町自然観察園;撮影日:2019年7月13日;撮影者:鈴木雅大
 
思わず「これこそオオゲジ!」と叫んでしまったほど立派な個体です。スケールが無いので伝わりにくいですが,脚を入れれば大人の掌からはみ出るくらいの大きさがあります。
 
オオゲジ Thereuopoda clunifera
 
オオゲジ Thereuopoda clunifera
 
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年10月23日;撮影者:鈴木雅大
 
 
参考文献
 
永幡嘉之 文・写真.奥山清市 写真.2017. くらべてわかる昆虫.143 pp. 山と渓谷社,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る