イソノハナ目 Order Halymeniales G.W. Saunders & Kraft, 1996
作成日:2011年2月9日(2019年10月22日更新)
 
Halymeniales
ムカデノリ属に含まれてきた種の系統関係:Calderon et al. (2014) によるrbcL遺伝子を用いた系統樹を改変したものです。太線は,ベイズ法における事後確率が1.00で,最尤法におけるブートストラップ値が92%以上で支持される枝を示しています。
 

Wang et al. (2001) はヒラキントキ属(Prionitis)をムカデノリ属(Grateloupia) に含めましたが,Lin et al. (2008)とGargiulo et al. (2013)は,ムカデノリ属とされた種の中で,生殖器官である助細胞ampullaの構造に違いがあること,28S rDNAやrbcL遺伝子を用いた分子系統解析では,広義のムカデノリ属が多系統群となるため,ムカデノリ属を再度複数の属に分けることを提案していました。Carderon et al. (2014), Kim et al. (2014) はヒラキントキ属とタンバノリ属(Pachymeniopsis) を再評価し,新属としてRamireziaを記載しました。

Carderon et al. (2014) の系統樹(上図)では,ムカデノリ属の系統関係は未だ解けておらず,今後の進展が俟たれるところです。現在までに分かっていることをまとめると,日本産種の中で,狭義のムカデノリ属に含まれるのはウツロムカデとスジムカデのみです。"ムカデノリ属"を"スジムカデ属"に改める必要があるかもしれません。ヒラキントキ属にはヒラキントキ,ナガキントキ,オオバキントキという,かつてのヒラキントキ属に所属していた種に加え,カタノリ,ヒラムカデ,ムカデノリ,オオムカデノリが含まれます。タンバノリ属には,タンバノリ,フダラクが含まれる他,マルバフダラク,キントキ,ツノムカデ,ヒトツマツ,サクラノリが含まれます。ツルツル,ヒヂリメン,ヒロハノムカデノリは,どの属のクレードにも含まれず,新属となることが予想されます。ニクムカデは系統的位置が分かりません。

残念ながら,ヒラムカデやムカデノリをヒラキントキ属とする,あるいはキントキやツノムカデをタンバノリ属とする形態学的な根拠が不明瞭なため,これらの種について属の組み合わせは行われていません。いずれにしろ,現在,ムカデノリの仲間の分類は大いに混乱していることが分かると思います。今後はより精度の高い分子系統解析はもちろんですが,Lin et al. (2008) とGargiulo et al. (2013) が示したような助細胞ampullaの発達過程などの形態的特徴をしっかりと観察し,整理していくことが必要でしょう。

 
ムカデノリ科 Family Halymeniaceae Bory, 1828
 
カクレイト属 Genus Cryptonemia
 
     
Cryptonemia denticulata   ヒロハノカクレイト    
撮影:鈴木雅大;台湾 台東縣 蘭島   撮影:鈴木雅大;千葉県 南房総市 白浜町    
 
マルバグサ属 Genus Galene
 
       

マルバグサ

       
撮影:        
 
ムカデノリ属(広義) Genus Grateloupia sensu lato
 
   
オオムカデノリ   ムカデノリ   ニクムカデ
撮影:鈴木雅大;神奈川県 江ノ島   撮影:鈴木雅大;兵庫県 豊岡市 竹野   撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 由良
 
   
ウツロムカデ   カタノリ   ヒラムカデ
撮影:鈴木雅大;福岡県 福津市 津屋崎   撮影:鈴木雅大;新潟県 佐渡島 見立   撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 岩屋
 
   
サクラノリ   スジムカデ   ヒヂリメン
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 由良   撮影:鈴木雅大;静岡県 下田市 白浜   撮影:鈴木雅大;千葉県 銚子市 外川漁港
 
   
ツノムカデ   キントキ   ヒロハノムカデノリ
撮影:鈴木雅大;静岡県 下田市 白浜   撮影:鈴木雅大;千葉県 南房総市 根本   撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 由良
 
   
ツルツル   マルバフダラク   ヒトツマツ
撮影:鈴木雅大;千葉県 館山市 沖ノ島   撮影:鈴木雅大;福岡県 福津市 津屋崎   撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 由良
 
   
トサカマツ   フシキントキ   Grateloupia taiwanensis
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 由良   撮影:鈴木雅大;神奈川県 鎌倉市   撮影:鈴木雅大;台湾 基隆市 潮境
 
     
Grateloupia orientalis        
撮影:鈴木雅大;台湾 台北縣 龍洞        
 
イソノハナ属 Genus Halymenia
 
     

イソノハナ

  フイリグサ    
撮影:鈴木雅大;Bali, Indonesia   撮影:鈴木雅大;鹿児島県 揖宿郡 頴娃町    
 
ネオルブラ属 Genus Neorubra
 
       
Neorubra decipiens        
撮影:鈴木雅大;ペルー ピスコ        
 
タンバノリ属 Genus Pachymeniopsis
 
   
タンバノリ   フダラク    
撮影:鈴木雅大;神奈川県 三浦市 三崎町   撮影:鈴木雅大;兵庫県 洲本市 由良    
 
マタボウ属 Genus Polyopes
 
   
マツノリ   キョウノヒモ   マタボウ
撮影:鈴木雅大;岩手県 下閉伊郡 山田町   撮影:鈴木雅大;岩手県 宮古市 浄土ヶ浜   撮影:鈴木雅大;台湾 台北縣 龍洞湾
 
       

コメノリ

       
撮影:鈴木雅大;千葉県 銚子市 アシカ島        
 
ヒラキントキ属 Genus Prionitis
 
   
ヒラキントキ   ナガキントキ   オオバキントキ
撮影:鈴木雅大;青森県 八戸市 鮫   撮影:鈴木雅大;千葉県 いすみ市 大原漁港   撮影:鈴木雅大;神奈川県 藤沢市 片瀬東浜
 
   
Prionitis lanceolata   Prionitis linearis    
撮影:鈴木雅大;カリフォルニア モンテレー   撮影:鈴木雅大;カリフォルニア モンテレー    
 
ヨナグニソウ属 Genus Yonagunia
 
     
Yonagunia spp.   ウスバキントキ    
撮影:鈴木雅大;台湾 台北縣 龍洞   撮影:鈴木雅大;台湾 台東縣 蘭島    
 
ヒカゲノイト科 Family Tsengiaceae G.W. Saunders & Kraft, 2002
 
ヒカゲノイト属 Genus Tsengia
 
     
ウスギヌ   ヒカゲノイト    
撮影:鈴木雅大;千葉県 銚子市 外川町   撮影:    
 
参考文献
 
Calderon, M.S., Boo, G.H. and Boo, S.M. 2014. Morphology and phylogeny of Ramirezia osornoensis gen. & sp. nov. and Phyllymenia acletoi sp. nov. (Halymeniales, Rhodophyta) from South America. Phycologia 53: 23-36.
 
Gargiulo, G.M., Morabito, M. and Manghisi, A. 2013. A re-assessment of reproductive anatomy and postfertilization development in the systematics of Grateloupia (Halymeniales, Rhodophyta). Cryptogamie Algologie 34: 3-35.
 
Kim, S.Y., Manghisi, A., Morabito, M., Yang, E.C., Yoon, H.S., Miller, K.A. and Boo, S.M. 2014. Genetic diversity and haplotype distribution of Pachymeniopsis gargiuli sp. nov. and P. lanceolata (Halymeniales, Rhodophyta) in Korea, with notes on their non-native distributions. Journal of Phycology 50: 885-896.
 
Lin, S.-M., Liang, H.-Y. and Hommersand, M.H. 2008. Two types of auxiliary cell ampullae in Grateloupia (Halymeniaceae) including G. taiwanensis sp. nov. and G. orientalis sp. nov. from Taiwan based on rbcL gene sequence analysis and cystocarp development. Journal of Phycology 44: 196-214.
 
Wang, H.W., Kawaguchi, S., Horiguchi, T. and Masuda, M. 2001. A morphological and molecular assessment of the genus Prionitis J. Agardh (Halymeniaceae, Rhodophyta). Phycological Research 49: 251-262.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る