ガラガラ Tricleocarpa jejuensis
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年3月1日(2013年7月9日更新)
 
ガラガラ
Tricleocarpa jejuensis Wiriyadamrikul, Geraldino, Huisman, Lewmanomont & S.M. Boo 2013: 344. Figs 18-26.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),ウミゾウメン亜綱(Subclass Nemaliophycidae),ウミゾウメン目(Phylum Nemaliales),ガラガラ亜目(Suborder Galaxaurineae),ガラガラ科(Family Galaxauraceae),ガラガラ属(Genus Tricleocarpa
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),ウミゾウメン目(Order Nemaliales),ガラガラ科(Family Galaxauraceae),ガラガラ属(Genus Tricleocarpa)*T. cylindricaとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),ウミゾウメン目(Order Nemaliales),ガラガラ科(Family Galaxauraceae),ガラガラ属(Genus Tricleocarpa
 
その他の異名
  Galaxaura spongiosa auct. non Kützing (1858); Martens 1868: 113.
  フサガラガラ Galaxaura fastigiata auct. non Decaisne (1842); 岡村 1902: 18; 1936: 445; 田中 1935: 33. Fig. 5; 1936: 157. Figs 20, 21. Pl. 37, Fig. 2; Itono 1977: 12. Figs 15, 34.
  Galaxaura fragilis auct. non (Lamarck) J.V. Lamouroux (1842); 岡村 1902: 18
  Galaxaura schimperi auct. non Decaisne (1842); 岡村 1916: 36.
  Galaxaura cylindrica auct. non (J. Ellis & Solander) J.V. Lamouroux (1821); Itono 1977: 14. Figs 17, 19, 37.
  Tricleocarpa cylindrica auct. non (J. Ellis & Solander) Huisman & Borowitzka (1990); 吉田 1998: 508. Pl. 3-9, Figs I-K.
  Galaxaura pilifera auct. non Kjellman (1900); Itono 1977: 13. Figs 16, 35.
 
Type locality: Munseom, Jeju Island, Korea.
Holotype specimen: CNU22589 (Chungnam National University)
 
分類に関するメモ:ガラガラは世界各地の暖温帯~熱帯域に分布するTricleocarpa cylindricaという種に充てられてきましたが,Wang et al. (2005)によるrbcL遺伝子を用いた分子系統解析では,T. cylindricaは4つのクレードに分かれ,複数の種類を含んでいる可能性が示唆されていました。Wiriyadamrikul et al. (2013) は,形態観察とrbcL, COI (cox1) 遺伝子を用いた分子系統解析の結果から,韓国と日本産のガラガラがインド洋のT. cylindricaとは別種であることを示し,新種T. jejuensisを記載しました。
 
ガラガラ Tricleocarpa jejuensis
 
ガラガラ Tricleocarpa jejuensis
押し葉標本(採集地:東京都 八丈島 三根 底土海岸;採集日:2004年5月4日;採集者:鈴木雅大)
 
ガラガラ Tricleocarpa jejuensis
 
著者の恩師 故 吉﨑 誠 博士(東邦大学名誉教授)が描かれたスケッチです。本種の果胞子体形成過程の若い時期のステージを描いたものです。黄色は造果枝の器下細胞群,緑色は造果枝の基部細胞から生じた保護糸,やや薄い黄色は保護糸から生じた側糸です。ピンク色は受精した造果器(受精卵)で,赤色がゴニモブラスト(造胞子)です。本種の場合,ピンク色で示した造果器と赤色で示したゴニモブラストを合わせたものが果胞子体となります。ゴニモブラストが側糸の間をぬって伸長することと,保護糸(緑糸)が造果枝の細胞をグルグル巻きにするかのように取り囲むのが本種の果胞子体形成過程の特徴です。これらの形成過程は真正紅藻類独特のものです。かつて著者がそうであったように,紅藻の専門家を目指す者はこの形成過程を理解すべく四苦八苦します。紅藻の有性生殖がいかに複雑か,その一端を垣間見て頂ければ幸いです。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 9 July 2013.
 
Itono, H. 1977. Studies in the southern Japanese species of Galaxaura (Rhodophyta). Micronesica 15: 1-26.
 
Martens, G. von 1868. Die Tange. Die Preussische Expedition nach Ost-Asien. Nach amtlichen Quellen. Botanischer Theil. 152 pp. Verlag de Königlichen Geheimen Ober-Hofbuchdruckerei (R.Y. Decker), Berlin.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙.276 pp. 敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1916. 日本藻類名彙 第2版.362 pp. 成美堂,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
田中 剛 1935. 日本産ガラガラ属の分類学的研究.北海道大学海藻研究所報告 4: 17-47.
 
Tanaka, T. 1936. The genus Galaxaura from Japan. Scientific Papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 1: 141-173.
 
Wang, W.-L., Liu, S.-L. and Lin, S.-M. 2005. Systematics of the calcified genera of the Galaxauraceae (Nemaliales, Rhodophyta) with an emphasis on Taiwan species. Journal of Phycology 41: 685-703.
 
Wiriyadamrikul, J., Geraldino, P.J.L., Huisman, J.M., Lewmanomont, K. and Boo, S.M. 2013. Molecular diversity of the calcified red algal genus Tricleocarpa (Galaxauraceae, Nemaliales) with the description of T. jejuensis and T. natalensis. Phycologia 52: 338-351.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱ウミゾウメン亜綱ウミゾウメン目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱ウミゾウメン亜綱ウミゾウメン目ガラガラ亜目ガラガラ科ガラガラ属ガラガラ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る