監修・執筆:鈴木雅大 作成日:2010年8月12日(2020年12月13日更新)
掲載種:8種,1品種(要検討1種)
 
ベニミドロ目 Order STYLONEMATALES K.M. Drew, 1956
  [= Order Goniotrichales Skuja, 1939]
  Note: Silva et al. (1996)は,Goniotrichum属が実態の無い属であることから,Goniotrichaceaeを認めず,Stylonemataceaeを採用しました。目についてはGoniotrichales, Stylonematales のどちらも国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)において認められますが,実態の無い属に由来する目名は採用せず,科と同様Stylonematalesを採用しています。
 
  ベニミドロ科 Family Stylonemataceae K.M. Drew, 1956
    [= Family Goniotrichaceae G.M. Smith, 1933]
    Note: Silva et al. (1996) によると,Kützing (1843)によるGoniotrichum属の記載時のミスにより,Goniotrichum属はErythrotrichia属に相当します。本来のGoniotrichum属の記載に合致する属はStylonema属であることから,実態の無いGoniotrichaceaeをStylonemataceaeに置き換えるのは妥当だと思います。GoniotrichalesとStylonematalesについてはどちらも命名規約的には合法名ですが,科がStylonemataceaeである以上,Stylonematalesを用いた方が良いかと思います。Silva et al. (1996) 以降,多くの文献はStylonemataceaeとStylonematalesを採用しています。
   
  ニセウシケノリ属 Genus Bangiopsis F. Schmitz in Engler & Prantl (1896)
      Bangiopsis dumontioides (P. Crouan & H. Crouan) V. Krishnmurthy [要検討] [詳細情報]
      Note:Titlyanov et al. (2019)が熊本県天草で報告しました。これまで日本で報告されたことの無い種類ですが,リストに掲載されているのみで形態等の記述がないため,同定について検討が必要と考えられます。
      ニセウシケノリ Bangiopsis subsimplex (Montagne) F. Schmitz [詳細情報]
        [Goniotrichum humphreyi auct. non Collins; Tanaka (1944)]
   
  タマツナギ属 Genus Chroodactylon Hansgirg, 1885
      [= Asterocytis (Hansgirg) Gobi ex F. Schmitz, 1896]
      タマツナギ Chroodactylon ornatum (C. Agardh) Basson [詳細情報]
        [≡ Asterocytis ornata (C. Agardh) G. Hamel]
      [= イトタマツナギ Asterocytis ornata f. simplex (Lakowitz) G. Hamel]
      エチゴタマツナギ Asterocytis echigoensis Noda [詳細情報]
      Note: Asterocytis属がChroodactylon属のシノニムとなった事から,本種についても属の組み換えが必要です。吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。
      エチゴイトタマツナギ Asterocytis echigoensis f. simplex Noda & K. Konno [詳細情報]
        Note: Asterocytis属がChroodactylon属のシノニムとなった事から,本品種についても属の組み換えが必要です。吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。
   
  アミマユダマ属 Genus Colacodictyon Feldmann, 1955
      アミマユダマ Colacodictyon reticulatum (Batters) Feldmann [詳細情報]
        [≡ Colaconema reticulatum Batters]
   
  ニセベニウチワ属 Genus Goniotrichopsis G.M. Smith in G.M. Smith & Hollenberg (1943)
      ニセベニウチワ Goniotrichopsis reniformis (Kajimura) N. Kikuchi [詳細情報]
        [≡ Stylonema reniforme Kajimura]
     
  ベニミドロ属 Genus Stylonema Reinsch, 1874
      ベニミドロ Stylonema alsidii (Zanardini) K.M. Drew [詳細情報+画像]
        [≡ Goniotrichum alsidii (Zanardini) M. Howe]
      [= Goniotrichum dichotomum Kützing]
      カヅノホシノイト Stylonema cornu-cervi Reinsch [詳細情報]
        [≡ Goniotricum cornu-cervi (Reinsch) Hauck]
   
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2010. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 15 August 2010.
 
Silva, P.C., Basson, P.W. and Moe, R.L. 1996. Catalogue of the benthic marine algae of the Indian Ocean. University of California Publications in Botany 79: 1-1259.
 
Titlyanov, E.A., Titlyanov, T.V., Tokeshi, M. and Li, X.B. 2019. Inventory and historical changes in the marine flora of Tomioka Peninsula (Amakusa Island), Japan. Diversity 11: 1-15.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 
 
日本産海藻リスト紅藻植物門原始紅藻亜門ベニミドロ綱ベニミドロ目
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る