Dinophysis sp.
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2021年6月26日
 
Dinophysis sp.
 
アルベオラータ上門(Superphylum Alveolata),ミオゾア門(Phylum Miozoa),ミオゾア亜門(Subphylum Myzozoa),渦鞭毛下門(Infraphylum Dinozoa),渦鞭毛上綱(Superclass Dinoflagellata),渦鞭毛綱(Class Dinophyceae),カンムリムシ亜綱(Subclass Dinophysoidia),カンムリムシ目(Order Dinophysiales),カンムリムシ科(Family Dinophysiaceae),カンムリムシ(ディノフィシス)属(Genus Dinophysis
 
Dinophysis sp.
採集地:兵庫県 神戸市 神戸港;採集日:2021年6月19日;撮影者:鈴木雅大
 
細胞の形から,カンムリムシ(Dinophysis acuminata)かオオカンムリムシ(D. fortii)ではないかと思います。細胞の長さが50 μm, 幅が30 μm程度なので,大きさはカンムリムシの方が近いのですが,確証は得られなかったため,Dinophysis sp.としました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2021. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 June 2021.
 
岩国市立ミクロ生物館 監修. 2013. 日本の海産プランクトン図鑑 [第2版]. 268 pp. 共立出版,東京.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rアルベオラータ上門渦鞭毛下門
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る