オキナワモズク Cladosiphon okamuranus
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年10月18日
 
オキナワモズク(沖縄水雲,沖縄海蘊,沖縄藻付く)
Cladosiphon okamuranus Tokida 1942: 87. Fig. 4.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),ナガマツモ科(Family Chordariaceae),オキナワモズク属(Genus Cladosiphon
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ナガマツモ目(Order Chordariales),ナガマツモ科(Family Chordariaceae),オキナワモズク属(Genus Cladosiphon
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ナガマツモ目(Order Chordariales),ナガマツモ科(Family Chordariaceae),オキナワモズク属(Genus Cladosiphon
 
その他の異名
  Eudesme virescens auct. non (Carmichael ex Berkeley) J. Agardh (1882); 岡村 1907: 79. Pl. 17, Figs 11-15.
 
Type locality: 沖縄県 慶良間
Lectotype specimen: SAP herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
オキナワモズク Cladosiphon okamuranus
押し葉標本(採集地:沖縄県 糸満市 名城ビーチ;採集日:2001年3月29日;採集者:鈴木雅大)
 
生もずく
スーパーで買った生もずく
 
普段,「もずく」として食べている多くが本種です。日本で出回っている「もずく」は主に4種類あり,本種の他にクサモズク(Sphaerotrichia divaricataイシモズク(Sphaerotrichia firma)モズク(Nemacystis decipiensが良く食べられています。食べ慣れると食感で4種を区別出来ると思います。あくまでも著者個人の感想ですが,食感として,太くて柔らかいものは本種,太くてやや芯のある歯応えのものはクサモズク,細くて柔らかいのがモズク,細くてかつ歯応えのあるものがイシモズクとなるようです。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 18 October 2013.
 
Tokida, J. 1942. Phycological observations, V. Transactions of the Sapporo Natural History Society 17: 82-95.
 
岡村金太郎 1907. 日本藻類圖譜 第1巻 第4集.東京.*自費出版
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱シオミドロ目ナガマツモ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る