イワヒゲ Myelophycus simplex
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月26日(2020年5月17日更新)
 
イワヒゲ(岩髭)
Myelophycus simplex (Harvey) Papenfuss 1967: 323. Fig. 1.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),イワヒゲ属(Genus Myelophycus
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),ウイキョウモ目(Order Dictyosiphonales),コモンブクロ科(Family Asperococcaceae),イワヒゲ属(Genus Myelophycus
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),イワヒゲ属(Genus Myelophycus
 
Basionym
  Chordaria simplex Harvey 1857: 331.
 
Type locality: 静岡県 下田市
Type specimen: TCD herb. Harvey (Trinity College, Dublin, Ireland)
 
イワヒゲ Myelophycus simplex
 
イワヒゲ Myelophycus simplex
撮影地:千葉県 銚子市 アシカ島;撮影日:2016年4月26日;撮影者:鈴木雅大
 
イワヒゲ Myelophycus simplex
撮影地:千葉県 いすみ市 大原 丹ヶ浦;撮影日:2016年4月27日;撮影者:鈴木雅大
 
イワヒゲ Myelophycus simplex
撮影地:静岡県 下田市 須崎 恵比須島;撮影日:2014年5月14日;撮影者:鈴木雅大
 
イワヒゲ Myelophycus simplex
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 大浦海岸;採集日:2005年5月10日;採集者:鈴木雅大)
 
潮間帯中部に帯状分布を作るため,本州太平洋沿岸中部では潮間帯の海藻群落における代表種の1つとして挙げられます。イワヒゲは長い間1種類と考えられてきましたが,Hanyuda et al. (2020)は,遺伝子解析により,「イワヒゲ」には遺伝子配列の異なる2種が含まれていることを示し,本州太平洋沿岸(岩手県~和歌山県)に生育するものをイワヒゲ,和歌山県,瀬戸内海,四国,九州沿岸及び下北半島に生育するものをニシイワヒゲ(Myelophycus caespitosusとして区別しました。2種を形態的に見分けるのはほぼ不可能と考えられ,遺伝子解析と分布域によってのみ区別されます。本サイトでは,千葉県,静岡県で観察したものをイワヒゲと同定しました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 November 2011.
 
Hanyuda, T., Aoki, S. and Kawai, H. 2020. Reinstatement of Myelophycus caespitosus (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae) from Japan. Phycological Research 68: 126-134.
 
Harvey, W.H. 1857. Algae. In: Account of the Botanical specimens. (Gray, A., ed) Narrative of the expedition of an American squadron to the China Seas and Japan, performed in the years 1852, 1853 and 1854, under the command of Commodore M.C. Perry, United States Navy. Volume II - with illustrations. (Anon. Eds), pp. 331-332. Senate of the Thirty-third Congress, Second Session, Executive Document. House of Representatives, Washington.
 
Papenfuss, G.F. 1967. Taxonomic and nomenclatural notes on three species of brown algae. Botaniste 50: 319-330.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 シオミドロ目カヤモノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る