カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月26日(2021年4月24日更新)
 
カヤモノリ(萱藻海苔)
Scytosiphon lomentaria (Lyngbye) Link 1833: 232. Pl. 28. nom. cons.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
 
掲載情報
岡村 1908: 146. Pl. 30; 1936: 227. Fig. 121; 遠藤 1911: 261. Fig. 90; Taylor 1937: 168. Pl. 15, Fig. 2. Pl. 16, Fig. 3; 1960: 259; Noda 1969: 51. Pl. 4, no. 1; 1987: 177. Fig. 141; Abbott & Hollenberg 1975: 198. Fig. 162;Nakamura & Tatewaki 1975: 59. Figs 1-5. Pl. 1; 舘脇 1993: 55. Fig. 27; Kogame 1998a: 47-49, 51, 52. Figs 52-70; 1998b: 314-315. Pl. 2-24, Figs A-D; Hoshino et al. 2021: 422-425. Fig. 6.

注.Hoshino et al. (2021) 以外は,複数種を混同している可能性が高いと考えられます。

 
Basionym
  Chorda lomentaria Lyngbye 1819: 74. Pl. 18E.
Homotypic synonym
  Scytosiphon filum var. lomentarius (Lyngbye) C. Agardh 1820: 162.
  Fucus lomentarius (Lyngbye) Sommerfelt 1826: 184.
Heterotypic synonym
  Ulva simplicissima Clemente 1807: 320. nom. rej. [廃棄名] (Lectotype locality: Puerto de Santa María, Cádiz, Spain. Lectotype specimen: MA Algae 1993)
   ≡ Scytosiphon simplicissimus (Clemente) Cremades in Cremades & Perez-Cirera 1990: 492.
  この他複数の異名(シノニム)が知られています(Algaebase参照)。
 
Syntype localities: Faeroes and Bornholm, Denmark.
Lectotype specimen: C herb. Lyngbye
 
分類に関するメモ:Cremades & Perez-Cirera (1990) は,1807年に記載されたUlva simplicissimaを基礎異名とするScytosiphon simplicissimusS. lomentariaに対する先行名であると主張しましたが,世界各地で広く用いられてきたS. lomentariaに対し,S. simplicissimusはほとんど用いられたことがないことから,Pedersen & Kristiansen (1994) はU. simplicissimaの廃棄を提案し,1999年にセントルイスで開催されたXVI International Botanical Congressにおいて認められました。

Hoshino et al. (2021)は,複数のクレードに分かれていたS. lomentariaの分類を整理し,日本でカヤモノリ(S. lomentaria)と呼ばれてきた種を,カヤモノリ(S. lomentaria),カクレカヤモノリ(S. arcanusシバザキカヤモノリ(S. shibazakiorumキタカヤモノリ(S. promiscuusリュウキュウカヤモノリ(S. subtropicusナンカイカヤモノリ(S. tosaensisの6種に分けました。

 
広義のカヤモノリ
これまでカヤモノリ(S. lomentaria)と呼ばれてきた種は,複数種に分けられました。同定するには外形,体構造の詳細な観察及び遺伝子解析が必要です。本サイトで公開している「カヤモノリ」は,正確に同定したものではなく,従来「カヤモノリ」とされてきたものをまとめて掲載しているもので,カヤモノリ(S. lomentaria)及び複数種を混同していると考えられます。
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:新潟県 佐渡市 三川 腰細城ヶ浜公園(佐渡島);撮影日:2017年4月25日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:兵庫県 淡路市 大磯(淡路島);撮影日:2017年3月29日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:愛媛県 松山市 高浜町 白石の鼻;撮影日:2016年4月9日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
撮影地:北海道 函館市 住吉;撮影日:2012年4月7日;撮影者:鈴木雅大
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2017年2月25日;採集者:鈴木雅大
 
体がくびれることが特徴のカヤモノリ類です。くびれが不十分でウスカヤモ(Planosiphon gracilisとの区別に悩むことがしばしばあるものの,基本的に同定には困らない種類・・・と思っていた時期が私にもありました。遺伝子解析によるとカヤモノリ(Scytosiphon lomentaria)は複数の種類を包含していると考えられるそうで,隠蔽種の数は1種類や2種類ではないそうです。日本藻類学会で学会発表を聴いた際は,「と言われてもなあ…。」と脱力してしまいました。

Hoshino et al. (2021)は,複数のクレードに分かれていたS. lomentariaの分類を整理し,日本でカヤモノリ(S. lomentaria)と呼ばれてきた種をカヤモノリ(S. lomentaria),カクレカヤモノリ(S. arcanusシバザキカヤモノリ(S. shibazakiorumキタカヤモノリ(S. promiscuusリュウキュウカヤモノリ(S. subtropicusナンカイカヤモノリ(S. tosaensisの6種に分けました。6種は外見が酷似しており,形態的特徴で同定するのは困難を極めると思われ,おそらく遺伝子解析によって同定した方が確実でしょう。生育地する地域によって2, 3種位には絞れるようなので(注),形態的特徴から同定を試みるとすると,採集地から種を絞った上で,Hoshino et al. (2021) が挙げた特徴を元に該当種を探すということになるかと思います。機会があれば遺伝子解析によって同定した上で,形態的特徴を観察してみたいと思っています。

注.南西諸島に生育するものは,現在のところリュウキュウカヤモノリ(S. subtropicus)1種のみのようです。

 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
体の横断面(採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2017年2月25日;採集者:鈴木雅大)
 
体の表面に複子嚢を密生します。複子嚢がクチクラに覆われないため,複子嚢の間に隙間があり,切片を作ると複子嚢がすぐにバラバラになります。
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 田の浜荒神;採集日:2001年6月20日;採集者:鈴木雅大)
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
押し葉標本(採集地:千葉県 銚子市 外川町 平磯;採集日:2005年4月8日;採集者:鈴木雅大)
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
 
カヤモノリ Scytosiphon lomentaria
乾燥風景(撮影地:三重県 鳥羽市;撮影日:2014年1月21日;撮影者:鈴木雅大)
 
三重県鳥羽市では「ケノリ(毛海苔)」などの名で呼ばれ,乾燥したものを食用にします。
 
参考文献
 
Abbott, I.A. and Hollenberg, G.J. 1976. Marine algae of California. 827 pp. Stanford University Press, Stanford, California.
 
Cremades, J. and Pérez-Cirera, J.L. 1990. Nuevas combinaciones de algas bentónicas marinas, como resultado del estudio del herbario de Simón de Rojas Clemente y Rubio (1777-1827). Anales del Jardin botánico de Madrid 47: 489-492.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 November 2011.
 
Hoshino, M., Tanaka, A., Kamiya, M., Uwai, S., Hiraoka, M. and Kogame, K. 2021. Systematics, distribution, and sexual compatibility of six Scytosiphon species (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae) from Japan and the description of four new species. Journal of Phycology 57: 416-434.
 
Kogame, K. 1998a. A taxonomic study of Japanese Scytosiphon (Scytosiphonales, Phaeophyceae), including two new species. Phycological Research 46: 39-51.
 
小亀一弘 1998b. 2.8 かやものり目. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 300-316. 内田老鶴圃,東京.
 
Link, H.F. 1833. Handbuch zur Erkennung der nutzbarsten und am häufigsten vorkommenden Gewächse. Dritter Theil. pp. i-xviii, 1-536. Haude & Spener, Berlin.
 
Lyngbye, H.C. 1819. Tentamen hydrophytologiae danicae continens omnia hydrophyta cryptogama Daniae, Holsatiae, Faeroae, Islandiae, Groenlandiae hucusque cognita, systematice disposita, descripta et iconibus illustrata, adjectis simul speciebus norvegicis. 248 pp., 70 pls. typis Schultzianis, in commissis Librariae Gyldendaliae, Hafniae.
 
Nakamura, Y. and Tatewaki, M. 1975. The life history of some species of the Scytosiphonales. Scientific Papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 6: 57-93.
 
Noda, M. 1969. The species of Phaeophyta from Sado Island in the Japan Sea. Science Reports of Niigata University Series D (Biology) 6: 1-64.
 
Noda, M. 1987. Marine algae of the Japan Sea. 557 pp. Kazama-shobo, Tokyo.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第6集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Pedersen, P.M. and Kristiansen, A. 1994. (1111) Proposal to reject Ulva simplicissima Clemente, the basionym of Scytosiphon simplicissimus (Clemente) Cremades (Phaeophyceae). Taxon 43: 645.
 
Roxas Clemente y Rubio, S. de 1807. Ensayo sobre las variedades de la vid comun. 324 pp. En la imprenta de Villalpando, Madrid.
 
Sommerfelt, C. 1826. Supplementum Florae lapponicae quam edidit Dr. Georgius Wahlenberg auctore. 331 pp. typis Borgianis et Gröndahlianis, Christianiae.
 
Taylor, W.R. 1937. Marine algae of the northeastern coast of North America. 427 pp. The University of Michigan Press, Ann Arbor.
 
Taylor, W.R. 1960. Marine algae of the eastern tropical and subtropical coasts of the Americas. 870 pp. The University of Michigan Press, Ann Arbor.
 
舘脇正和 1993. カヤモノリ.In: 堀 輝三(編) 藻類の生活史集成 第2巻 褐藻・紅藻類. pp. 54-55. 内田老鶴圃, 東京.
 
遠藤吉三郎 1911. 海産植物学.748 pp. 博文館,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 シオミドロ目カヤモノリ科
 
日本産海藻リスト黄藻植物門褐藻綱ヒバマタ亜綱シオミドロ目カヤモノリ科カヤモノリ属カヤモノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る