Lepocinclis spirogyroides
作成者:鈴木雅大 作成:2015年10月8日
 
レポキンクリス・スピロギロイデス
Lepocinclis spirogyroides B.Marin & Melkonian in Marin et al. 2003: 104.
 
ミドリムシ(ユーグレナ)門(Phylum Euglenozoa),ミドリムシ(ユーグレナ)綱(Class Euglenophyceae),ミドリムシ(ユーグレナ)目(Order Euglenida),ウチワヒゲムシ(ファクス)科(Family Phacaceae),ニセウチワヒゲムシ(レポキンクリス)属(Genus Lepocinclis
 
Heterotypic synonym
  Euglena spirogyra Ehrenberg 1832: 83, pl. 6: fig. 4.
 
Type locality: Berlin.
 
Lepocinclis spirogyroides
 
採集地:兵庫県 淡路市 北畑池(淡路島);採集日:2016年9月27日;撮影者:鈴木雅大
 
かつてはミドリムシ(ユーグレナ)属(Euglena)の1種 Euglena spirogyraとされていましたが,Marin et al. (2003) は,本種をミドリムシ属からニセウチワヒゲムシ(レポキンクリス)属(Lepocinclis)に移しました。ニセウチワヒゲムシ属には既にLepocinclis spirogyra Korshikovが記載されているため,新名L. spirogyroidesとして記載されました。
 
参考文献
 
Ehrenberg, C.G. 1830. Beiträge zur Kenntnis der Organisation der Infusorien und ihrer geographischen Verbreitung, besonders in Sibirien. Abhandlungen der Königlichen Akademie der Wissenschaften zu Berlin 1830: 1-88, pls I-VIII.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2015. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 08 October 2015.
 
Marin, B., Palm, A., Klingberg, M. and Melkonian, M. 2003. Phylogeny and taxonomic revision of plastid-containing euglenophytes based on SSU rDNA sequence comparisons and synapomorphic signatures in the SSU rRNA secondary structure. Protist 154: 99-145.
 
月井雄二 2010 淡水微生物図鑑 原生生物ビジュアルガイドブック 日本国内に生息する原生生物375属/807種. 239 pp. 誠文堂新光社,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ エクスカバータミドリムシ(ユーグレナ)目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る