ミヤマハンノキ Alnus viridis subsp. maximowiczii
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年10月25日
 
ミヤマハンノキ(深山榛木)
Alnus viridis (Chaix) Lamarck & de Candolle subsp. maximowiczii (Callier) D. Löve, 1968
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),バラ上目(Superorder Rosanae),ブナ目(Order Fagales),カバノキ科(Family Betulaceae),カバノキ亜科(Subfamily Betuloideae),ハンノキ属(Genus Alnus
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),古生花被植物亜綱(Subclass Archichlamydeae),ブナ目(Order Fagales),カバノキ科(Family Betulaceae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),マンサク亜綱(Subclass Hamamelidae),ブナ目(Order Fagales),カバノキ科(Family Betulaceae)
 
Basionym
  Alnus maximowiczii Callier in C.K. Schneider (1904)
Homotypic syonyms
  Alnus crispa (Aiton) Pursh subsp. maximowiczii (Callier) Hultén, 1928
  Duschekia maximowiczii (Callier) Pouzar, 1964
Heterotypic synonyms
  Alnus vermicularis Nakai, 1919
  Alnus hakkodensis Hayashi, 1952
 
ミヤマハンノキ Alnus viridis subsp. maximowiczii
撮影地:山梨県 南アルプス市 北岳;撮影日:2004年8月1日;撮影者:鈴木雅大
 
ミヤマハンノキ Alnus viridis subsp. maximowiczii
 
ミヤマハンノキ Alnus viridis subsp. maximowiczii
撮影地:長野県 茅野市 天狗岳;撮影日:2013年8月17日;撮影者:鈴木雅大
 
森林限界付近に生育する植物として知られています。森林限界を超えた山頂付近のガレ場でも高さ30 cm程度の低木の状態で生育していることがあります。
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
米倉浩司・梶田忠 2003-. BG Plants 和名−学名インデックス(YList), http://ylist.info(2015年10月21日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物バラ上目ブナ目カバノキ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る