トウコマツナギ Indigofera bungeana
作成者:鈴木雅大 作成日:2017年2月3日(2020年11月14日更新)
 
トウコマツナギ(唐駒繋,別名:キダチコマツナギ)
Indigofera bungeana Walpers, 1840
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),バラ上目(Superorder Rosanae),マメ目(Order Fabales),マメ科(Family Fabaceae),マメ亜科(Subfamily Papilionoideae),コマツナギ連(Tribe Indigofereae),コマツナギ属(Genus Indigofera
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),古生花被植物亜綱(Subclass Archichlamydeae),バラ目(Order Rosales),マメ科(Family Leguminosae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),バラ亜綱(Subclass Rosidae),マメ目(Order Fabales),マメ科(Family Fabaceae)
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギの花
 
トウコマツナギの花
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2016年5月22日;撮影者:鈴木雅大
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年6月6日;撮影者:鈴木雅大
 
中国原産の外来種です。枝が立ち上がることからコマツナギと区別しました。トウコマツナギとコマツナギを同種とする見解もあるそうです(YListのノートより)。
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2019年11月16日;撮影者:鈴木雅大
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
 
トウコマツナギ Indigofera bungeana
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2020年11月14日;撮影者:鈴木雅大
 
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
米倉浩司・梶田 忠 2003.「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2017年2月3日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物バラ上目 マメ目マメ亜科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る