ヒメトゲノリ Acanthophora aokii
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年10月23日
 
ヒメトゲノリ(姫棘海苔)
Acanthophora aokii Okamura 1934: 35. Pl. 228, Figs 15-17.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),ヤナギノリ連(Tribe Chondrieae),トゲノリ属(Genus Acanthophora
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),トゲノリ属(Genus Acanthophora
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),トゲノリ属(Genus Acanthophora
 
Type locality: 台湾 蘭島(紅頭嶼).
Holotype specimen: SAP herb. Okamura.
 
ヒメトゲノリ Acanthophora aokii
押し葉標本(採集地:台湾 台北縣 龍洞灣(現 新北市 龍洞灣);採集日:2009年4月15日;採集者:鈴木雅大)
 
体の大きさが3 cm程度で,太平洋西岸地域では他に該当する種類が無いため本種と同定しました。体の大きさと分枝の様子は岡村博士のタイプ標本やPerrone et al. (2006) が観察している本種の特徴に当てはまりますが,棘状枝の数や生じ方に違いがあるように見えます。新種,新産種の可能性も踏まえて再調査が必要な種類です。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 19 May 2012.
 
岡村金太郎 1934. 日本藻類図譜 第7巻. 東京. *自費出版.
 
Perrone, C., Cecere, E. and Furnari, G. 2006. Growth pattern assessment in the genus Acanthophora (Rhodophyta, Ceramiales). Phycologia 45: 37-43.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る