Chondracanthus cincinnus
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年10月14日
 
Chondracanthus cincinnus M.Y. Yang & M.S. Kim 2016: 523. Fig. 4.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
 
その他の異名
  Gigartina intermedia auct. non Suringar; Okamura 1908: 172. Pl. 35, Figs 1-5. p.p.
 
Type locality: Gapado, Jeju, Korea.
Holotype specimen: JNUB JN-Gigar412 (Jeju National University)
 
分類に関するメモ:Yang & Kim (2016) は,日本と韓国においてカイノリ(Chondracanthus intermediusと呼ばれてきた種の見直しを行い,カイノリ(C. intermedius),C. okamuraeC. cincinnusの3種に分けられるとしました。C. cincinnusは韓国済州島で記載し,日本では北海道小樽から報告しています。

カイノリ(C. intermedius)とC. cincinnusは,枝の形で区別されていますが,Yang & Kim (2016)が用いたC. cincinnusrbcL遺伝子の配列と,カイノリ(C. intermedius)とされるサンプルの配列は0.5%の差異しかなく,cox1遺伝子の配列においても1.0%の差異しかなく,DNA-based species delimitation methods (DNAの塩基配列に基く種の境界設定方法)では,「カイノリと同種」という判定結果が出ています(Suzuki et al. 2021)。ただし,配列の差異が小さいとはいえ,C. cincinnusとされるサンプルは単系統群としてまとまり,カイノリやC. okamuraeと混ざることはないため,種以下の分類群として認められるかもしれません。Chondracanthus cincinnusがカイノリ(C. intermedius)の関係について,今後の検討が必要だと思います。

 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2020. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 29 December 2020.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第7集.pp. 147-177. 東京.*自費出版
 
Suzuki, M., Terada, R., Shibata, K. and Kawai, H. 2021. New records of Chondracanthus saundersii and Schottera koreana (Gigartinales, Rhodophyta) from Japan based on molecular and morphological analyses. Phycological Research 69: 81-87.
 
Yang, M.Y. and Kim, M.S. 2016. Molecular phylogeny of the genus Chondracanthus (Rhodophyta), focusing on the resurrection of C. okamurae and the description of C. cincinnus sp. nov. Ocean Science Journal 51: 517-529.
 
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目スギノリ科スギノリ属Chondracanthus cincinnus
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る