マクリ Digenea simplex auct. non (Wulfen) C. Agardh
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年10月23日(2019年3月1日更新)
 
マクリ(別名:海人草,ナチョーラ)
Digenea simplex auct. non (Wulfen) C. Agardh (1822); Okamura in Matsumura & Miyoshi 1900: Pl. 23.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),アルシディウム連(Tribe Alsidieae),マクリ属(Genus Digenea
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),マクリ属(Genus Digenea
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),マクリ属(Genus Digenea
 
掲載情報
岡村 1901: 25. Pl. 9; 1936: 838. Fig. 393; 吉田 1998: 1021, 1023. Pl. 3-106, Fig. E.
 
Type locality: Trieste, Italy.
Type specimen: 情報なし *吉田(1998)より
 
マクリ "Digenea simplex"
 
マクリ "Digenea simplex"
押し葉標本(採集地:沖縄県 国頭郡 恩納海岸;採集日:2001年3月31日;採集者:鈴木雅大)
 
駆虫薬の原料として知られている海藻です。マクリはDigenea simplexと考えられてきた種類ですが,Boo et al. (2018) によると,D. simplexとは別種と考えられます。Boo et al. (2018) はマクリをDigenea sp.としており,分類学的検討は行われていませんが,D. simplexではないのは明らかであり,新種あるいは新産種として検討する必要があると考えられます。
 
参考文献
 
Boo, G.H., Robledo, D., Andrade-Sorcia, G. and Boo, S.M. 2018. Genetic discontinuity of Digenea (Rhodomelaceae, Rhodophyta) from Mexico supports recognition of two new species, D. mexicana and D. rafaelii. Algae 33: 231-241
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 23 October 2013.
 
松村任三・三好 学 1900. 新撰日本植物図説 第1巻.下等隠花類部.敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1901. 日本海藻圖譜 第2冊.敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科アルシディウム連マクリ属マクリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る