ヒロハウスベニ Erythroglossum latum
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年1月28日(2014年5月3日更新)
 
ヒロハウスベニ(広葉薄紅)
Erythroglossum latum T. Yoshida & Mikami 1997: 170. Figs 1-16.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),カシワバコノハノリ亜科(Subfamily Phycodryoideae),カシワバコノハノリ連(Tribe Phycodryeae),ヒメウスベニ属(Genus Erythroglossum
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ヒメウスベニ属(Genus Erythroglossum
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),コノハノリ科(Family Delesseriaceae),ヒメウスベニ属(Genus Erythroglossum
 
掲載情報
吉田 1998: 972. Pl. 3-97, Fig. E.
 
Type locality: 福島県 塩野崎
Type specimen: SAP 060764(北海道大学大学院理学研究院植物標本庫)
 
ヒロハウスベニ Erythroglossum latum
 
ヒロハウスベニ Erythroglossum latum
撮影地:千葉県 銚子市 アシカ島(打ち揚げ);撮影日:2014年5月3日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒロハウスベニ Erythroglossum latum
押し葉標本(採集地:千葉県 銚子市 アシカ島(打ち揚げ);採集日:2014年5月3日;採集者:鈴木雅大)
 
ヒロハウスベニ Erythroglossum latum
押し葉標本(採集地:千葉県 いすみ市 大原 丹ヶ浦;採集日:2008年3月26日;採集者:鈴木雅大)
 
タチウスベニ(Erythroglossum pinnatumとの区別に悩む種類です。タチウスベニと比べ,分岐が少ないことや分岐した枝の基部がくびれないことなどから,ヒロハウスベニと同定しています。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 28 January 2013.
 
吉田忠生. 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Yoshida, T. and Mikami, H. 1997. Erythroglossum latum sp. nov. (Delesseriaceae, Rhodophyta) from the east coast of Honshu, Japan. Phycological Research 45: 169-172.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科カシワバコノハノリ亜科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目コノハノリ科カシワバコノハノリ亜科カシワバコノハノリ連ヒメウスベニ属ヒロハウスベニ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る