シモダオゴノリ Gracilaria shimodensis
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年1月27日(2021年7月10日更新)
 
シモダオゴノリ(下田海髪)
Gracilaria shimodensis R. Terada & H. Yamamoto 2000: 189-198. Figs 1-27.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),オゴノリ目(Order Gracilariales),オゴノリ科(Family Gracilariaceae),グラシラリア属(Genus Gracilaria
 
* 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),オゴノリ目(Order Gracilariales),オゴノリ科(Family Gracilariaceae),オゴノリ属(Genus Gracilaria
 
Type locality: 静岡県 下田市 須崎
Holotype specimen: SAP 073015(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫)
 
分類に関するメモ:Gurgel et al. (2018) によってオゴノリ科の亜科,連,属の整理が行われましたが,シモダオゴノリについては論文中で言及されておらず,所属は不確定でした。Suzuki & Terada (2021) が行ったrbcLとcox1遺伝子を用いた系統解析では,Gracilaria属に含まれます。Suzuki & Terada (2021) はツルシラモ属(Gracilariopsis)を対象としているため,Gracilaria属は3otusを用いたのみで,シモダオゴノリの亜属の所属については不明です。
 
シモダオゴノリ Gracilaria shimodensis
 
シモダオゴノリ Gracilaria shimodensis
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 須崎漁港;採集日:2006年5月17日;採集者:鈴木雅大)
 
伊豆半島の須崎漁港でクビレオゴノリ(Gracilaria blodgettiiと同定されていたオゴノリ属(Gracilaria)の1種で,Terada & Yamamoto (2000)によって新種として区別されました。著者は下田を訪ねる度に本種を探しているのですが,2006年に採集したのみで,その後一度も確認出来ていません。絶滅するような種ではないと思うのですが…。
 
千葉県小浦漁港の"モサオゴノリ"
 
シモダオゴノリ Gracilaria shimodensis
押し葉標本(採集地:千葉県 安房郡 富山町 小浦漁港(現 南房総市 小浦漁港);採集日:2006年1月1日;採集者:鈴木雅大)
 
シモダオゴノリ Gracilaria shimodensis
押し葉標本(採集地:千葉県 安房郡 富山町 小浦漁港(現 南房総市 小浦漁港);採集日:2005年4月26日;採集者:鈴木雅大)
 
千葉県内房地域の鋸南町保田から南房総市小浦にかけての海岸で,漁港のスロープなどに生育しているオゴノリ類です。吉﨑(1998)によって「モサオゴノリ(Gracilaria coronopifolia」と呼ばれていたものですが,DNA解析の結果,rbcL遺伝子の配列が下田産のシモダオゴノリと近似しており,同定を改めました。Terada & Yamamoto (2000) を注意深く読むと,シモダオゴノリの採集地として千葉県館山市沖ノ島と千葉県安房郡鋸南町保田が掲載されており,「モサオゴノリ」がシモダオゴノリであることは既に知られていたことでした。著者が千葉県小浦漁港産の「モサオゴノリ」とシモダオゴノリが近似していることに気が付いたのは2010年代に入ってからですが,「モサオゴノリ」の同定に疑問を持ちつつもシモダオゴノリと同定することができない理由がありました。千葉県小浦漁港の「モサオゴノリ(=シモダオゴノリ)」は,下田産のシモダオゴノリと比べて細いことに加え,1年を通して生殖器官を付けることがなく,シモダオゴノリの特徴である精子嚢や嚢果の果皮の構造などを確認することが出来ませんでした。DNAを抽出して解析,遺伝子配列を比較するのが最も手っ取り早い解決方法ですが,著者が2006年に下田で採集したシモダオゴノリの標本は,一度ホルマリンで固定したもので,DNAは抽出できても断片化により,PCRがうまくいきませんでした。その後,ホルマリン固定された標本や80~100年前に作製された古標本のDNAでもPCR,シーケンスするノウハウが確立され,2019年末にようやく下田産のシモダオゴノリのrbcL遺伝子の配列を決定することができ,「モサオゴノリ」の実体を明らかにすることが出来ました。
 
静岡県下田周辺でシモダオゴノリが確認できなくなり,絶滅したのではないかと心配しておりましたが,「モサオゴノリ」と呼んでいたものがシモダオゴノリであることを確認できたことから,少なくとも千葉県内房地域では現在も生育していることが分かりました。ただし,千葉県内房地域のシモダオゴノリの生育地は漁港のスロープや岸壁に囲まれた波当たりの弱い砂地など,生育環境は他種と比べてかなり限定されているように見えます。小浦漁港ではスロープに比較的大規模な群落がみられますが,条件が条件なだけに一斉に消失してもおかしくはないかもしれません。著者が委員として参加している「千葉県レッドリスト植物・菌類編(2017年改訂版)」では,千葉県産シモダオゴノリの実体が分からなかったことから掲載を見送りましたが,次回の改訂では要保護生物(C)か一般保護生物(D)での掲載が必要だと考えています。環境省のレッドリストにも絶滅危惧I類(CR+EN)か絶滅危惧II類(VU)での掲載が望ましいのではないかと思います。オゴノリ類の中でもマイナーな部類で「知る人ぞ知るオゴノリ」という扱いですが,生育状況のモニタリングや他地域での分布の確認が必要な種類だと思います。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 January 2013.
 
Gurgel, C.F.D., Norris, J.N., Schmidt, W.E., Le, H.N. and Fredericq, S. 2018. Systematics of the Gracilariales (Rhodophyta) including new subfamilies, tribes, subgenera, and two new genera, Agarophyton gen. nov. and Crassa gen. nov. Phytotaxa 374: 1-23.
 
Suzuki, M. and Terada, R. 2021. A new flattened species of Gracilariopsis (Gracilariales, Rhodophyta) from Japan. Phycologia 60: 158-163.
 
Terada, R. and Yamamoto, H. 2000. A taxonomic study on two Japanese species of Gracilaria: Gracilaria shimodensis sp. nov. and Gracilaria blodgettii (Gracilariales, Rhodophyta). Phycological Research 48: 189-198.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
吉﨑 誠 1998. 第4章 第3節 3. 砂浜の藻類,第5章 第2節 10. オゴノリ目.In: 千原光雄 編集代表.千葉県の自然誌本編4 千葉県の植物1.pp. 277-281, 557-560. 千葉県.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱オゴノリ目オゴノリ連
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱オゴノリ目オゴノリ科亜科・連・属の所属不明シモダオゴノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る