ヨロイオビムシ目 Order Gonyaulacales
作成日:2010年12月23日(2016年10月15日更新)
 
ツノモ(ツノオビムシ)科 Family Ceratiaceae
 
*ツノモ(ツノオビムシ,ケラチウム)属(Ceratium)について
 ツノモ(ツノオビムシ,ケラチウム)属は「ツノモ」という名前で高等学校の生物図説等に良く見られる渦鞭毛藻類ですが,Ceratium属の鎧版配列パターンの再検討および分子系統解析の結果,海産Ceratium属の多くが新属Neoceratium属に移されました(Gómez et al. 2010)。この分類学的処置は,分子系統学的にも強くサポートされていますので,著者らも妥当であると考えていますが,Neoceratium属は国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN)の下で非正式名(invalid name)でした。詳しくはコラム「渦鞭毛藻Neoceratium属について」を参照してください。

追記:Gómez (2013) は,Neoceratium属に代わる新しい属名としてTripos属を提唱しました。これにより,海産のCeratium属の所属がようやく整理されました。

 
ツノモ(ツノオビムシ,ケラチウム)属 Genus Ceratium
 
   
イケツノモ(イケツノオビムシ)        
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 姥懐池        
 
トリポス属 Genus Tripos
 
   
フタマタツノモ   Tripos lineatus   Tripos longipes
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 岩屋   撮影:大田修平;ノルウェー オスロ   撮影:大田修平;ノルウェー オスロ
 
   
Tripos macroceros   イカリツノモ   ユミツノモ
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 岩屋   撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 岩屋   撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 岩屋港
 
     
ホソツノモ        
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 佐野沖        
 
参考文献
 
Gómez, F. 2013. Reinstatement of the dinoflagellate genus Tripos to replace Neoceratium, marine species of Ceratium (Dinophyceae, Alveolata). CICIMAR Oceanides 28: 1-22.
 
Gómez, F., Moreira, D., and López-García, P. 2010. Neoceratium gen. nov., a new genus for all marine species currently assigned to Ceratium (Dinophyceae). Protist 161: 35-54.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rアルベオラータ上門渦鞭毛下門

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る