ウスカワフクロノリ Colpomenia peregrina
作成者:鈴木雅大 作成日:2017年3月31日(2019年5月11日更新)
 
ウスカワフクロノリ(薄皮袋海苔)
Colpomenia peregrina Sauvageau 1927: 321. Figs 1-8.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),クリシスタ(Chrysista),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),フクロノリ属(Genus Colpomenia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),フクロノリ属(Genus Colpomenia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),フクロノリ属(Genus Colpomenia
 
Heterotypic synonym
  Colpomenia sinuosa var. peregrina Sauvageau 1927: 321. Figs 1-8.
   ≡ Colpomenia peregrina (Sauvageau) G. Hamel 1937: 201. nom. illeg.
 
Syntype localities: Various in Atlantic Europe.
Lectotype specimen: PC herb. Sauvageau.
 
ウスカワフクロノリ Colpomenia peregrina
 
ウスカワフクロノリ Colpomenia peregrina
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2019年5月6日;撮影者:鈴木雅大
 
ウスカワフクロノリ Colpomenia peregrina
押し葉標本(採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸;採集日:2015年6月30日;採集者:鈴木雅大)
 
ヒジキ(Sargassum fusiformeタマハハキモク(S. muticumに着生しています。ホンダワラ類の体上に着生するという点を除けばフクロノリ(Colpomenia sinuosaにそっくりです。正確に同定するためには,切片を作製し,複子嚢群の周りにクチクラ層を持たないことを確認する必要がありますが,著者は未だ確かめたことがありません。淡路島のサンプルは,DNA鑑定により本種と確認しています。
 
参考文献
 
Hamel, G. 1937. Phéophycées de France. Fasc. III. pp. 177-240. Paris.
 
Sauvageau, C. 1927. Sur le Colpomenia sinuosa Derb. et Sol.. Bulletin de la Station Biologique d'Arachon 24: 309-355.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 シオミドロ目カヤモノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る