ハバノリ Petalonia binghamiae
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月26日(2018年4月21日更新)
 
ハバノリ(幅海苔,羽葉海苔)
Petalonia binghamiae (J. Agardh) K.L. Vinogradova 1973: 31.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),セイヨウハバノリ属(Genus Petalonia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),セイヨウハバノリ属(Genus Petalonia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),セイヨウハバノリ属(Genus Petalonia
 
Basionym
  Endarachne binghamiae J. Agardh 1896: 27. Fig. 5.
その他の異名
  Phyllitis fascia auct. non (O.F. Müller) Kützing; 岡村 1901: 27. Pl. 10.
 
Type locality: vicinity of Santa Barbara, California, U.S.A.
Type specimen: LD herb. Agardh (Lund University, Sweden)
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
撮影地:千葉県 銚子市 外川町;撮影日:2017年5月12日;撮影者:鈴木雅大
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
撮影地:愛媛県 松山市 高浜町 白石の鼻;撮影日:2016年4月9日;撮影者:鈴木雅大
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
撮影地:福岡県 福津市 津屋崎;撮影日:2018年4月18日;撮影者:鈴木雅大
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
押し葉標本(採集地:愛媛県 松山市 高浜町 白石ノ鼻;採集日:2016年4月9日;採集者:鈴木雅大)
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 玉崎(現 佐渡市 玉崎);採集日:2003年5月1日;採集者:鈴木雅大)
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
体の横断面
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
体の横断面 *1.0%エリスロシン水溶液で染色
 
ハバノリ Petalonia binghamiae
体の横断面のスケッチ(採集地:新潟県 両津市 玉崎(現 佐渡市 玉崎);採集日:2003年5月1日)
 
外形はセイヨウハバノリ(Petalonia fasciaキヌハバノリ(P. tenuisに良く似ていますが,切片を作り,断面を観察すると違いが一目瞭然です。本種は糸状の細胞が内層(髄層)部を錯綜し,球形細胞 < 糸状細胞という割合ですが,セイヨウハバノリとキヌハバノリは球形細胞が大部分を占めます。
 
参考文献
 
Agardh, J.G. 1896). Analecta algologica, Continuatio III. Lunds Universitets Års-Skrift, Andra Afdelningen, Kongl. Fysiografiska Sällskapets i Lund Handlingar 32: 1-140.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 26 November 2011.
 
岡村金太郎 1901. 日本海藻圖説 第1巻 第2冊.敬業社,東京.
 
Vinogradova, K. L. 1973. K anatomii roda Petalonia Derb. et Sol. (Scytosiphonales). Novosti Sistematiki Nizshikh Rastenij Botanicheskij Institut, Akademiya Nauk SSSR 10: 28-31.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 シオミドロ目カヤモノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る