オオシマカラスヨトウ Amphipyra monolitha surnia
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年10月6日
 
オオシマカラスヨトウ(大縞烏夜盗)
Amphipyra monolitha surnia Felder & Rogenhofer, 1874
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),新翅下綱(Infraclass Neoptera),完全変態上目(Superorder Holometabola),チョウ(鱗翅)目(Order Lepidoptera),有吻亜目(Suborder Glossata),異脈下目(Suborder Heteroneura),マクロヘテロケラ・クレード(分岐群) (Clade Macroheterocera),ヤガ上科(Superfamily Noctuoidea),ヤガ科(Family Noctuidae),カラスヨトウ亜科(Subfamily Amphipyrinae),カラスヨトウ属(Genus Amphipyra
 
幼虫
 
オオシマカラスヨトウ Amphipyra monolitha surnia
撮影地:静岡県 下田市 鍋田;撮影日:2014年5月13日;撮影者:鈴木雅大
 
食べていたのかは分かりませんが,ニオイシュロラン(Cordyline australisの花茎におりました。
 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱チョウ(鱗翅)目ヤガ上科ヤガ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る