スギノリ Chondracanthus tenellus
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月18日(2020年6月25日更新)
 
スギノリ(杉海苔)
Chondracanthus tenellus (Harvey) Hommersand in Hommersand et al. 1993: 115.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),スギノリ科(Family Gigartinaceae),スギノリ属(Genus Chondracanthus
 
掲載情報
吉田 1998: 684-685.
 
Basionym
  Gigartina tenella Harvey 1860: 331; 岡村 1902: 25; 1908: 159. Pl. 33, Figs 1-8; 1936: 650. Fig. 309; 遠藤 1911: 607. Fig. 170; 稲垣 1933: 32; Mikami 1965: 208. Figs 15, 16; Tseng 1984: 118. Pl. 62, Fig.2.
Heterotypic synonym
  イトツノマタ Chondrus filiformis Okamura & Segawa in Segawa 1935: 81, Figs. 2, 3, Pl. XIX, fig. 2; 岡村 1935: 67. Pl. 338, Figs 4-8; Tokida 1942: 89-90. (Type locality: 静岡県下田市須崎. Type specimen: )
その他の異名
  Gigartina acicularis auct. non (Roth) J.V. Lamouroux (1813); Martens 1868: 118.
 
Type locality: 喜界島
Lectotype specimen: TCD herb. Harvey (Trinity College, Dublin, Ireland)
 
分類に関するメモ:Tokida (1942) は,イトツノマタ(Chondrus filiformis)がスギノリの四分胞子体であると結論付けました。
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2015年5月7日;撮影者:鈴木雅大
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
採集地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);採集日:2020年6月24日;撮影者:鈴木雅大
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
撮影地:兵庫県 南あわじ市 津井(淡路島);撮影日:2018年6月12日;撮影者:鈴木雅大
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
採集地:兵庫県 南あわじ市 津井(淡路島);採集日:2020年6月23日;撮影者:鈴木雅大
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
撮影地:新潟県 佐渡市 三川 腰細城ヶ浜公園(佐渡島);撮影日:2017年4月25日;撮影者:鈴木雅大
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
撮影地:神奈川県 藤沢市 江ノ島;撮影日:2014年4月17日;撮影者:鈴木雅大
 
スギノリ Chondracanthus tenellus
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 大浦海岸;採集日:2006年5月10日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 18 November 2011.
 
Harvey, W.H. 1860. Characters of new algae, chiefly from Japan and adjacent regions, collected by Charles Wright in the North Pacific Exploring Expedition under Captain James Rodgers. Proceedings of the American Academy of Arts and Sciences 4: 327-335.
 
Hommersand, M.H., Guiry, M.D., Fredericq, S. and Leister, G.L. 1993. New perspectives in the taxonomy of the Gigartinaceae (Gigartinales, Rhodophyta). Proceedings of the International Seaweed Symposium 14: 105-120.
 
稲垣貫一 1933. 忍路湾及び其れに近接せる沿岸の海産紅藻類.北海道帝国大学理学部海藻研究所報告 2: 1-77.
 
Martens, G. von 1868. Die Tange. Die Preussische Expedition nach Ost-Asien. Nach amtlichen Quellen. Botanischer Theil. 152 pp. Verlag de Königlichen Geheimen Ober-Hofbuchdruckerei (R.Y. Decker), Berlin.
 
Mikami, H. 1965. A systematic study of the Phyllophoraceae and Gigartinaceae from Japan and its vicinity. Memoirs of the Faculty of Fisheries Hokkaido University 5: 181-285.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙.276 pp. 敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第7集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1935. 日本藻類圖譜 第7巻 第8集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
Segawa, S. 1935. On the marine algae of Susaki, Prov. Idzu, and its vicinity. Scientific papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 1: 59-90.
 
Tokida, J. 1942. Phycological observations V. Transactions of the Sapporo Natural History Society 17: 82-95.
 
Tseng, C.K. 1984. Common seaweeds of China. 316 pp. Science Press & Kluger Publications, Beijing, Amsterdam, Berkeley.
 
遠藤吉三郎 1911. 海産植物学.748 pp. 博文館,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目スギノリ科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目スギノリ科スギノリ属スギノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る