ピリヒバ Corallina pilulifera
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年7月30日(2016年5月1日更新)
 
ピリヒバ(ぴり檜葉)
Corallina pilulifera Postels & Ruprecht 1840: 20. Pl. 40, Fig. 101.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),サンゴモ亜綱(Subclass Corallinophycidae),サンゴモ目(Order Corallinales),サンゴモ科(Family Corallinaceae),サンゴモ亜科(Subfamily Corallinoideae),サンゴモ属(Genus Corallina
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),サンゴモ目(Order Corallinales),サンゴモ科(Family Corallinaceae),サンゴモ亜科(Subfamily Corallinoideae),サンゴモ属(Genus Corallina
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),サンゴモ目(Order Corallinales),サンゴモ科(Family Corallinaceae),サンゴモ属(Genus Corallina
 
Homotypic synonym
  Corallina officinalis f. pilulifera (Postels & Ruprecht) Setchell & N.L.Gardner 1903: 366.
Heterotypic synonym
  ミヤヒバモドキ Corallina sessilis Yendo 1902: 32. Pl. 3, Fig. 18. Pl. 7, Fig. 18.
  ヒメヒバ Corallina kaifuensis Yendo 1902: 33. Pl. 3, Fig. 19. Pl. 7, Fig. 19.
 
Type localities: Siberia transbaicalensis” (possibly Sea of Ochotsk).
Type specimen: LE (Komarov Botanical Institute of RAS)
 
ピリヒバ Corallina pilulifera
撮影地:兵庫県 淡路市 大磯(淡路島);撮影日:2015年7月30日;撮影者:鈴木雅大
 
ピリヒバ Corallina pilulifera
 
ピリヒバ Corallina pilulifera
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2016年3月10日;撮影者:鈴木雅大
 
ピリヒバ Corallina pilulifera
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2017年3月27日;撮影者:鈴木雅大
 
ピリヒバ Corallina pilulifera
 
ピリヒバ Corallina pilulifera
撮影地:千葉県 館山市 沖ノ島;撮影日:2016年4月28日;撮影者:鈴木雅大
 
日本各地で普通にみられるサンゴモ類で,有節サンゴモ類の代表種と言っても良いかもしれません。ただ,正確に種同定が出来ているかといえば疑問があり,ミヤヒバ(Corallina confusa)やサンゴモ(C. officinalis)との区別に困ることが多々あります。本州中部以南の地域で,小型で枝が密に分枝するものはとりあえずピリヒバと同定していますが,それ以外の地域,特に東北地方や日本海沿岸で見かけるものはミヤヒバと混同している可能性があるため,未同定のままです。種の特徴を正しく認識しなければならないのは重々承知しているのですが,台紙に貼り付かない,乾燥するとボロボロこぼれてくるなど,標本の扱いに困ることから,見かけても素通りしてしまっています。いつか本腰を入れて観察しようと思うのですが・・・。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2015. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 31 July 2015.
 
Postels, A. and Ruprecht, F. 1840. Illustrationes algarum in itinere circum orbem jussu imperatoris Nicolai I. Atque auspiciis navarchi Friderici Lütke annis 1826, 1827, 1828 et 1829 celoce Seniavin exsecuto in Oceano pacifico, inprimis septemtrionale ad littora rossica asiatico-americana collectarum. 28 pp. Petropoli [St. Petersburg]: Typis Eduardi Pratz.
 
Setchell, W.A. and Gardner, N.L. 1903. Algae of northwestern America. University of California Publications in Botany 1: 165-418.
 
Yendo, K. 1902. Corallinae verae japonicae. Journal of the College of Science, Tokyo Imperial University 16: 1-36, VII plates.
 
吉田忠生. 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ プランテ紅藻植物門真正紅藻綱サンゴモ亜綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る