ツカサアミ Kallymenia perforata
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年3月3日(2019年5月11日)
 
ツカサアミ(司網?)*「ツカサ」の語源は調査中です。
Kallymenia perforata J. Agardh 1872: 9.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ツカサノリ科(Family Kallymeniaceae),ツカサノリ属(Genus Kallymenia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ツカサノリ科(Family Kallymeniaceae),ツカサノリ属(Genus Kallymenia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ツカサノリ科(Family Kallymeniaceae),ツカサノリ属(Genus Kallymenia
 
掲載情報
岡村 1936: 576. Fig. 270. "Callymenia perforata" ; 吉田 1998: 756-757.
 
その他の異名
  Kallymenia cribrosa auct. non Harvey (1855); Dickie 1877: 451; 岡村 1902: 32; 1912: 127. Pls 86, 87. "Callymenia cribrosa"
 
Type locality: Sri Lanka
Type specimen: LD herb. Agardh (Lund University, Sweden)
 
ツカサアミ Kallymenia perforata
採集地:鹿児島県 馬毛島沖;採集日:2018年5月25日;撮影者:鈴木雅大
 
鹿児島大学が実施している馬毛島沖のドレッジ調査に参加した際に採集したものです。
 
ツカサアミ Kallymenia perforata
 
ツカサアミ Kallymenia perforata
押し葉標本(採集地:東京都 八丈島 神湊漁港;採集日:2004年5月5日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
Agardh, J.G. 1872. Bidrag till Florideernes systematik. Lunds Universitets Års-Skrift, Afdelningen for Mathematik och Naturvetenskap 8: 1-60.
 
Dickie, G. 1877. Notes on algae collected by H.N. Moseley, M.A. of H.M.S. "Challenger", chiefly obtained in Torres Straits, coasts of Japan and Juan Fernandez. Journal of the Linnean Society of London, Botany 15: 446-456.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 03 May 2013.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙. 276 pp. 敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1912. 日本藻類圖譜 第2巻 第8集. 東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生. 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目ツカサノリ科

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目ツカサノリ科ツカサノリ属ツカサアミ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る