トサカノリ Meristotheca papulosa
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月19日
 
トサカノリ(鶏冠海苔)
Meristotheca papulosa (Montagne) J. Agardh 1872: 37.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ミリン科(Family Solieriaceae),トサカノリ属(Genus Meristotheca
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ミリン科(Family Solieriaceae),トサカノリ属(Genus Meristotheca
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ミリン科(Family Solieriaceae),トサカノリ属(Genus Meristotheca
 
掲載情報
遠藤 1911: 622. Figs 177, 178; 岡村 1936: 595. Fig. 279; 吉田 1998: 804; Fay et al. 2005: 236-238, 241. Figs 1-25.
 
Basionym
  Kallymenia papulosa Montagne 1850: 246.
Homotypic synonym
  Eucheuma papulosa (Montagne) A.D. Cotton & Yendo in Cotton 1914: 220; 岡村 1926: 123. Pl. 234. Pl. 235, Figs 11-14.
  Meristotheca japonica Kylin 1932: 28. *Eucheuma papulosa (Montagne) A.D. Cotton & Yendoの置換名
Heterotypic synonym
  Kallymenia exasperata Zanardini 1851: 35. (Type locality: 紅海. Type specimen: )
 
Type locality: Hodeica, Yemen, Red Sea.
Type specimen: PC herb. Montagne (Muséum National d'Histoire Naturelle, Paris, France)
 
環境省レッドリスト2019:準絶滅危惧(NT)
 
トサカノリ Meristotheca papulosa
 
トサカノリ Meristotheca papulosa
撮影地:神奈川県 三浦市 三崎町 諸磯;撮影日:2011年4月18日;撮影者:鈴木雅大
 
トサカノリ Meristotheca papulosa
押し葉標本(採集地:千葉県 館山市 沖ノ島;採集日:2004年6月19日;採集者:鈴木雅大)
 
トサカノリ Meristotheca papulosa
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 田牛 二穴洞窟;採集日:2008年8月17日;採集者:鈴木雅大)
 
トサカノリ Meristotheca papulosa
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 田牛 二穴洞窟;採集日:2007年4月16日;採集者:鈴木雅大)
 
トサカノリ Meristotheca papulosa
押し葉標本(採集地:東京都 八丈島 神湊漁港;採集日:2004年5月5日;採集者:鈴木雅大)
 
現在はレッドリストに掲載されるなど,資源の減少が心配される種類ですが,もともとは海藻サラダの「赤トサカ」,「緑トサカ」として良く食べられていた海藻です。現在の海藻サラダの「トサカ」は海外から輸入したものが主となっているようです。身近な海藻ではありますが,形態変異の激しい種類としても知られており,葉状部の幅や体の縁辺から生じる副出枝,葉状部の分枝の回数などが様々に変化します。赤くて目立つことや,時にアート作品のような奇妙な形態をとることから,レッドリストに掲載される以前は,見かけるとつい採ってしまう海藻でした。
 
参考文献
 
Agardh, J.G. 1872. Bidrag till Florideernes systematik. Lunds Universitets Års-Skrift, Afdelningen for Mathematik och Naturvetenskap 8: 1-60.
 
Cotton, A.D. 1914. The Japanese seaweed, Tosaka nori. Kew Bull. 1914: 219-222.
 
Faye, E.J., Shimada, S., Kawaguchi, S. & Masuda, M. 2005. Characterization of the edible red alga Meristotheca papulosa (Solieriaceae, Gigartinales) from Japan. Phycological Research 53: 234-245.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 19 November 2011.
 
Kylin, H. 1932. Die Florideenordung Gigartinales. Acta Universitatis Lundensis 28: 1-88.
 
Montagne, C. 1850. Pugillus algarum yemensium, quas collegerunt annis 1847-1849, clarr. Arnaud et Vaysière. Annales des Sciences Naturelles, Botanique, Troisième série 13: 236-248.
 
岡村金太郎 1926. 日本藻類圖譜 第5巻 第7集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
遠藤吉三郎 1911. 海産植物学.748 pp. 博文館,東京.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
Zanardini, G. 1851. Algae novae vel minus cognitae in mari Rubro a Portiero collectae. Flora 34: 33-38.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目ミリン科トサカノリ属トサカノリ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る