フジマツモ Neorhodomela aculeata
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年5月21日
 
フジマツモ(藤松藻)
Neorhodomela aculeata (Perestenko) Masuda 1982: 291, 293-307. Figs 42-49. Fig. 65B. Pl. 11, Figs A-F. Pl. 12. Pl. 16, Figs A-E. Pl. 17, Figs F, G.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),フジマツモ連(Tribe Rhodomeleae),フジマツモ属(Genus Neorhodomela
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),フジマツモ属(Genus Neorhodomela
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),フジマツモ属(Genus Neorhodomela
 
掲載情報
吉田 1998: 1052, 1054. Pl. 3-111, Fig. A.
 
Basionym
  Rhodomela larix subsp. aculeata Perestenko 1967: 148. Figs 1, 2.
Homotypic syononym
  Neorhodomela larix subsp. aculeata (Perestenko) Perestenko 1994: 189.
  Neorhodomela larix [subsp. aculeata] f. superlittoralis Perestenko 1994: 190, 205.
その他の異名
  Rhodomela larix auct. non (Turner) C. Agardh (1822); 岡村 1922: 154. Pl. 188, Figs 1-4; 1936: 898; 稲垣 1933: 65; 田沢 1957: 31. Figs 1-6.
 
Type locality: Valentina Bay
Type specimen: LE (Komarov Botanical Institute of RAS)
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
撮影地:北海道 室蘭市 電信浜;撮影日:2012年5月20日;撮影者:鈴木雅大
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
撮影地:北海道 函館市 住吉;撮影日:2012年4月7日;撮影者:鈴木雅大
 
東北地方や北海道の磯で大きな群落を作る種類です。
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
押し葉標本(採集地:北海道 室蘭市 電信浜;採集日:2002年8月4日;採集者:鈴木雅大)
 
フジマツモ Neorhodomela aculeata
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 田の浜 荒神;採集日:2002年6月25日;採集者:鈴木雅大)
 
生育時もそうですが,押し葉としたものを見ると思わず褐藻類のウミトラノオ(Sargassum thunbergiiと間違えそうになります。
 
参考文献
 
Harvey, W.H. 1860. Characters of new algae, chiefly from Japan and adjacent regions, collected by Charles Wright in the North Pacific Exploring Expedition under Captain James Rodgers. Proceedings of the American Academy of Arts and Sciences 4: 327-335.
 
稲垣貫一 1933. 忍路湾及び其れに近接せる沿岸の海産紅藻類. 北海道帝国大学理学部海藻研究所報告 2: 1-77.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 21 May 2012.
 
Masuda, M. 1982. A systematic study of the tribe Rhodomeleae (Rhodomelaceae, Rhodophyta). Journal of the Faculty of Science, Hokkaido University, Series V (Botany) 12: 209-400.
 
岡村金太郎 1922. 日本藻類圖譜 第4巻 第8集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Perestenko, L.P. 1967. Rhodomela larix (Turn.) C. Ag. ad litora oceani Pacifici in URSS inventa. Novitates Systematicae Plantarum Non Vascularium 1967: 141-150.
 
田沢伸雄 1957. 本邦に産するフジマツモ属の雄性生殖器官に就いて.藻類 5: 31-36.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科フジマツモ連フジマツモ属フジマツモ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る