ナミノハナ Portieria japonica
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年1月25日(2019年3月2日更新)
 
ナミノハナ(浪の花)
Portieria japonica (Harvey) P.C. Silva in Silva et al. 1987: 39.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ナミノハナ科(Family Rhizophyllidaceae),ナミノハナ属(Genus Portieria
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ナミノハナ科(Family Rhizophyllidaceae),ナミノハナ属(Genus Portieria
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ナミノハナ科(Family Rhizophyllidaceae),ナミノハナ属(Genus Portieria
 
掲載情報
吉田 1998: 787. Pl. 3-69, Fig. E.
 
Basionym
  Desmia japonica Harvey 1860: 331.
Homotypic synonym
  Chondrococcus japonicus (Harvey) De Toni 1895: 39; 岡村 1900: Pl. 58; 1902: 95; 1922: 160. Pl. 190, Fig. 15; 1936: 488.
 
Type locality: 静岡県 下田市
Lectotype specimen: TCD (Trinity College, Dublin, Ireland)
 
ナミノハナ Portieria japonica
撮影地:三重県 志摩市 志摩町 片田;撮影日:2017年4月14日;撮影者:鈴木雅大
 
ナミノハナ Portieria japonica
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 絵島(淡路島);撮影日:2015年4月22日;撮影者:鈴木雅大
 
ナミノハナ Portieria japonica
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2016年7月6日;撮影者:鈴木雅大
 
ナミノハナ Portieria japonica
撮影地:神奈川県 中郡 大磯町 照ヶ崎;撮影日:2012年3月26日;撮影者:横澤 敏和 氏
 
ナミノハナ Portieria japonica
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 大浦;採集日:2005年5月10日;採集者:鈴木雅大)
 
日本ではナミノハナ(Portieria japonica)の体の幅が狭いものをホソバナミノハナ(Portieria hornemanniとして区別しています。岡村(1936)は2種の区別について疑問を呈しており,著者も形態的に区別するのは難しいのではないかと考えています。遺伝子配列の違いをみればはっきりするのではないかと思っていたのですが,Payo et al. (2013), Lelieart et al. (2018), Yang & Kim (2018)によると,インド洋と太平洋で"Portieria hornemanni"とされてきた種は遺伝子解析の結果,21種以上(最大92種)の隠蔽種を含むそうです。途方もない数の隠蔽種を含むことから,分類学的な解決は極めて難しいと思われます。これまで調べられた限りでは日本産ナミノハナ属(Portieria)は少なくとも4種に分けられるようです。ナミノハナ,ホソバナミノハナをどのように扱えば良いか,著者には判断がつかないのですが,本サイトでは従来通り,体の幅が広いものを暫定的にナミノハナと呼んでいます。
 
参考文献
 
De Toni, G.B. 1895. Phyceae japonicae novae addita enumeratione algarum in ditione maritima Japoniae hucusque collectarum. Memorie del Reale Istituto Veneto di Scienze, Lettere ed Arti 25: 1-78.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 25 January 2013.
 
Harvey, W.H. 1860. Characters of new algae, chiefly from Japan and adjacent regions, collected by Charles Wright in the North Pacific Exploring Expedition under Captain James Rodgers. Proceedings of the American Academy of Arts and Sciences 4: 327-335.
 
Leliaert, F., Payo, D.A., Gurgel, C.F.D., Shils, T., Draisma, S.G.A., Saunders, G.W., Kamiya, M., Sherwood, A.R., Lin, S.-M., Huisman, J.M., Le Gall, L., Anderson, R.J., Bolton, J.J., Mattio, L., Zubia, M., Spoke, T., Viera, C., Payri, C.E., Coppejans, E., D'hondt, S., Verbruggen, H. and De Clerck, O. 2018. Patterns and drivers of species diversity in the Indo-Pacific red seaweed Portieria. Journal of Biogeography 2018: 1-15.
 
岡村金太郎 1900. In: 松村任三・三好 学 著.新撰日本植物圖説 第1巻.下等隠花類部.敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙.276 pp. 敬業社,東京.
 
岡村金太郎 1922. 日本藻類圖譜 第4巻 第8集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Payo, D.A., Leliaert, F., Verbruggen, H., D'hondt, S., Calumpong, H.P. and De Clerck, O. 2013. Extensive cryptic species diversity and fine-scale endemism in the marine red alga Portieria in the Philippines. Proceedings of the Royal Society of London B Biological Sciences 280: 20122660.
 
Silva, P.C., Meñez, E.G. and Moe, R.L. 1987. Catalog of the benthic marine algae of the Philippines. Smithsonian Contributions to Marine Sciences 27: 1-179.
 
Yang, M.Y. and Kim, M.S. 2018. Cryptic species diversity of ochtodenes-producing Portieria species (Gigartinales, Rhodophyta) from the northwest Pacific. Algae 33: 205-214.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌. 1222 pp. 内田老鶴圃, 東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱スギノリ目ナミノハナ科ナミノハナ属ナミノハナ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る