イソギンチャク目 Order Actiniaria Hertwig, 1882
作成日:2011年5月22日(2018年7月29日更新)
 
イソギンチャク類の分類は柳(2006)とFautinの「Hexacorallians of the World」を参考にしています。しかし,調べていく内に従来充てられてきた目,科とは異なるものや,日本産種に与えられている学名の多くが他の種のホモニム(異名同種)であったり,正式に発表された学名かどうか分からないなどの問題が見つかりました。著者は刺胞動物の専門家ではないので,「Hexacorallians of the World」や「WoRMs」の情報の信頼性や国際動物命名規約の下で日本産種の学名がどのような扱いになるのかは分かりません。今後の分類学的研究の進展を待つ必要があります。(鈴木)
 
エンテモナエ亜目 Suborder Enthemonae
 
アクチニオイデア上科 Superfamily Actinioidea
*和名を充てるならば「ウメボシイソギンチャク上科」が適当かもしれません。
 
ウメボシイソギンチャク科 Family Actiniidae
*ウメボシイソギンチャク属,ヨロイイソギンチャク属,スナイソギンチャク属などを含みます。
 
ハナブサイソギンチャク科 Family Actinodendridae
 
   
ウデナガウンバチ        
撮影:鈴木雅大;静岡県 下田海中水族館        
 
ダーリアイソギンチャク科 Family Liponematidae
 
   
ダーリアイソギンチャク        
撮影:鈴木雅大;アクアワールド大洗        
 
ニチリンイソギンチャク科 Family Phymanthidae
 
   
ニチリンイソギンチャク        
撮影:鈴木雅大;Bali, Indonesia        
 
ハタゴイソギンチャク科 Family Stichodactylidae
 
   
サンゴイソギンチャク   シライトイソギンチャク   キッカイソギンチャク
撮影:鈴木文子;東京都 しながわ水族館   撮影:鈴木文子;東京都 しながわ水族館   撮影:鈴木雅大;静岡県 あわしまマリンパーク
 
   
シマキッカイソギンチャク   ハタゴイソギンチャク    
撮影:鈴木雅大;静岡県 下田海中水族館   撮影:鈴木雅大;神戸市立須磨海浜水族園    
 
メトリディオイデア上科 Superfamily Metridioidea
*和名を充てるならば「ヒダベリイソギンチャク上科」が適当かもしれません。
 
タテジマイソギンチャク科 Family Diadumenidae
 
   
タテジマイソギンチャク        
撮影:鈴木雅大;兵庫県 淡路島 岩屋        
 
ヒダベリイソギンチャク科 Family Metridiidae
 
   
ヒダベリイソギンチャク        
撮影:鈴木雅大;アクアワールド大洗        
 
参考文献
 
Fautin, D.G. 2013. Hexacorallians of the World. http://geoportal.kgs.ku.edu/hexacoral/anemone2/index.cfm.
 
柳 研介 2006. 相模灘のイソギンチャク相と本邦産のイソギンチャク類の現状について. 国立科博専報 40: 113-173.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界ヒドラ亜界花虫綱

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る