ヒメスミレ Viola inconspicua subsp. nagasakiensis
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年3月28日
 
ヒメスミレ(姫菫)
Viola inconspicua Blume subsp. nagasakiensis (W.Becker) J.C. Wang & T.C. Huang, 1990
 
維管束植物門(Phylum Tracheophyta),種子植物亜門(Subphylum Spermatophytina),被子植物("Angiospermae"),モクレン綱(Class Magnoliopsida),バラ上目(Superorder Rosanae),キントラノオ目(Order Malpighiales),スミレ科(Family Violaceae),スミレ属(Genus Viola
 
新エングラー体系:被子植物門(Phylum Angiospermae),双子葉植物綱(Class Dicotyledoneae),古生花被植物亜綱(Subclass Archichlamydeae),スミレ目(Order Violales),スミレ科(Family Violaceae)
クロンキスト体系:被子植物門(Phylum Magnoliophyta),モクレン綱(Class Magnoliopsida),ビワモドキ亜綱(Subclass Dilleniidae),スミレ目(Order Violales),スミレ科(Family Violaceae)
 
Heterotypic synonym
  マスノスミレ Viola alisoviana Kiss., 1921
 
ヒメスミレ Viola inconspicua subsp. nagasakiensis
 
ヒメスミレ Viola inconspicua subsp. nagasakiensis
撮影地:千葉県 野田市 清水公園;撮影日:2020年3月20日;撮影者:鈴木雅大
 
花がスミレノジスミレよりも小さいこと,花の側弁基部に毛があること,花の距が太く,白色を帯びることから本種と同定しました。
 
参考文献
 
邑田 仁 監修. 米倉浩司 著. 2012. 日本維管束植物目録. 379 pp. 北隆館,東京.
 
山田隆彦 著. 2010. スミレハンドブック. 104 pp. 文一総合出版,東京.
 
米倉浩司・梶田 忠 2003-「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info(2020年3月28日閲覧).
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ緑色植物亜界有胚植物上門被子植物バラ上目キントラノオ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る