ルブロンオオツチグモ Theraphosa blondi
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年8月29日(2016年7月17日更新)
 
ルブロンオオツチグモ(別名:ゴライアスバードイーター Goliath birdeater)
Theraphosa blondi Latreille, 1804
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),鋏角亜門(Subphylum Chelicerata),クモガタ綱(Class Arachnida),四肺類クレード(Clade Tetrapulmonata),真正クモ目(Order Araneae),クモ亜目(Suborder Opisthothelae),トタテグモ下目(Infraorder Mygalomorphae),オオツチグモ上科(Superfamily Avicularioidea),オオツチグモ科(Family Theraphosidae),テラフォサ属(Genus Theraphosa
 
ルブロンオオツチグモ Theraphosa blondi
 
ルブロンオオツチグモ Theraphosa blondi
撮影地:兵庫県 神戸市 須磨区 若宮町 須磨海浜水族園;撮影日:2013年8月29日;撮影者:鈴木雅大
 
ルブロンオオツチグモ Theraphosa blondi
撮影地:兵庫県 神戸市 須磨区 若宮町 須磨海浜水族園;撮影日:2016年7月15日;撮影者:鈴木雅大
 
世界最大のクモとして知られています。南米の熱帯雨林に分布するそうです。クモ嫌いの著者にとって写真を撮るのは拷問のようなものでしたが,コンパクトデジタルカメラのズーム出来る限界の距離から何とか撮りました。ピントの甘さやガラス越しなのは大目に見て下さい。オオツチグモ科のクモを指して「タランチュラ」と称することが多いですが,タランチュラはヨーロッパの伝説上の毒グモで,特定の種を指すものではありません。Wikipedia(*)によればコモリグモ科(Lycosidae)のタランチュラコモリグモ(Lycosa tarantula)を指すそうで,日本における一般的なイメージとはかけ離れているようです。

*本サイトでは情報の信頼性の上で,Wikipediaのように匿名の著者が編集しているサイトは引用しないことにしておりますが,著者にとってクモに関する資料を探すのはあまりにも苦痛のため,例外的にWikipediaを引用しました。

 
参考文献
 
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門鋏角亜門クモガタ綱真正クモ目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る