クロアナバチ Sphex argentatus fumosus
作成者:鈴木雅大 作成日:2019年8月31日
 
クロアナバチ(黒穴蜂)
Sphex argentatus fumosus Kohl, 1890
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),新翅下綱(Infraclass Neoptera),完全変態上目 Superorder(Holometabola),ハチ(膜翅)目(Order Hymenoptera),ハチ(細腰)亜目(Suborder Apocrita),ミツバチ上科(Superfamily Apoidea),アナバチ科(Family Sphecidae),アナバチ亜科(Subfamily Sphecinae),スフェクス属(Genus Sphex
 
クロアナバチ Sphex argentatus fumosus
 
 
ある日公園でせっせと穴を掘るハチを見かけました。狩バチの類だろうとは思ったものの,名前までは分からなかったので調べるため一端家に帰りました。
 
クロアナバチ Sphex argentatus fumosus
撮影地:千葉県 柏市 中原第一公園;撮影日:2019年8月18日;撮影者:鈴木雅大
 
調べた結果,クロアナバチというキリギリス類を狩るハチだと分かり,改めて公園に戻ってみると既に獲物を運び終えたようで,穴はすっかりふさがれておりました。短時間で見事に作業を終えるものだと思いました。
 
参考文献
 
永幡嘉之 文・写真.奥山清市 写真.2017. くらべてわかる昆虫.143 pp. 山と渓谷社,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱ハチ(膜翅)目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る