ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年6月4日(2013年6月30日更新)
 
ムカデミノウミウシ(百足蓑海牛)
Pteraeolidia ianthina (Angas, 1864)
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),冠輪動物上門(Superphylum Lophotrochozoa),軟体動物門(Phylum Mollusca),腹足綱(Class Gastropoda),異鰓亜綱(Subclass Heterobranchia),マメウラシマ側区(Cohort Ringipleura),裸側亜区(Subcohort Nudipleura),裸鰓目(Order Nudibranchia),枝鰓亜目(Suborder Cladobranchia),オオミノウミウシ上科(Superfamily Aeolidioidea),ヨツスジミノウミウシ科(Family Facelinidae),ムカデミノウミウシ属(Genus Pteraeolidia
 
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina
 
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina
撮影地:神奈川県 三浦市 三崎町 諸磯;撮影日:2011年5月18日;撮影者:鈴木雅大
 
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina
採集地:神奈川県 三浦市 三崎町 小網代;採集日:2013年6月27日;撮影者:鈴木雅大
 
ムカデミノウミウシ Pteraeolidia ianthina
背側突起
 
背側突起内のシンビオディニウム科の1種(Symbiodiniaceae sp.)
背側突起内のシンビオディニウム科の1種(Symbiodiniaceae sp.)
 
背中にたくさんの突起を持つウミウシです。本種の背側突起にはズーザンテラ又はズーキサンテラ(zooxanthella)と呼ばれる共生藻類が細胞内共生しており,その光合成産物を利用していると考えられています。ズーザンテラの種類は未確認ですが,本種はヒドロ虫のRalpharia属(刺胞動物)を食べるそうなので,ヒドロ虫に共生している渦鞭毛類シンビオディニウム科の1種(Symbiodiniaceae sp.)(注)をヒドロ虫ごと食べ,共生藻として背側突起の先端部に飼っていると考えられます。背側突起を一本ちぎり,顕微鏡で観察するとたくさんの「シンビオティニウム」が細胞内に入っている様子が観察されます。

注.従来シンビオディニウム属(Symbiodinium)と呼ばれてきた仲間ですが,シンビオディニウム属はLaJeunesse et al. (2018) により複数の属に分けられました。ムカデミノウミウシに共生している「シンビオディニウム」の属,種については分からなかったので,本サイトではシンビオディニウム科(Symbiodiniaceae sp.)の1種としました。

 
参考文献
 
伊勢優史 執筆・撮影,赤坂甲治 監修. 2013. 三崎の磯の動物ガイド 第2版. 168 pp. 東京大学大学院理学系研究科附属三崎臨海実験所,神奈川.
 
奥谷喬司 編著. 1994. 海辺の生きもの. 367 pp. 山と渓谷社,東京.
 
LaJeunesse, T.C., Parkinson, J.E., Gabrielson, P.W., Jeong, H.J., Reimer, J.D., Voolstra,, C.R. and Santos, S.R. 2018. Systematic revision of Symbiodiniaceae highlights the antiquity and diversity of coral endosymbionts. Current Biology 28: 1-11.
 
小野篤司 監修,加藤昌一 編. 2009. ネイチャーウォッチングガイドブック ウミウシ 生きている海の妖精. 272 pp. 誠文堂新光社,東京.
 
Rosenberg, G. 2012. Pteraeolidia ianthina (Angas, 1864). Accessed through: World Register of Marine Species at http://www.marinespecies.org/aphia.php?p=taxdetails&id=213527 on 2013-04-28.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界冠輪動物上門軟体動物門腹足綱異鰓亜綱裸鰓目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る