セイヨウミツバチ Apis mellifera
作成者:鈴木雅大 作成日:2015年10月5日(2018年5月27日更新)
 
セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂)
Apis mellifera Linnaeus, 1758
 
動物界(Kingdom Animalia),左右相称動物亜界(Subkingdom Bilateralia),旧口動物(前口動物)下界(Infrakingdom Protostomia),脱皮動物上門(Superphylum Ecdysozoa),節足動物門(Phylum Arthropoda),汎甲殻亜門(Superphylum Pancrustacea),六脚上綱(Superclass Hexapoda),昆虫綱(Class Insecta),有翅亜綱(Subclass Pterygota),新翅下綱(Infraclass Neoptera),完全変態上目 Superorder(Holometabola),ハチ(膜翅)目(Order Hymenoptera),ハチ(細腰)亜目(Suborder Apocrita),ミツバチ上科(Superfamily Apoidea),ミツバチ科(Family Apidae),ミツバチ属(Genus Apis
 
セイヨウミツバチ Apis mellifera
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋(淡路島);撮影日:2015年9月22日;撮影者:鈴木 雅大
 
実験用のセイヨウミツバチの巣箱です。敷地に養蜂箱があると,「実習等を行う際に学生あるいは生徒,近所の住人が刺されたらどうするのか?」という問題や,養蜂の常として,ミツバチを狙ってやってくるスズメバチの心配など,職員はやきもきしながら見守っています。実験以外でも,養蜂体験のため,大学等の敷地で養蜂を始めたい学生・研究者からたまに話を聞きますが,安全対策を巡り,設置許可を得るための申請・対策の徹底が課題となっているそうです。著者の思考は研究者寄りなのと,在籍していた大学で養蜂実験を良く見ているので,これまで危機意識を持ったことはありませんでしたが,安全管理を考えなければならない立場になってからは,複雑な気持ちで実験風景を眺めています。
 
セイヨウミツバチ Apis mellifera
 
撮影地:千葉県 柏市 中原ふれあい防災公園;撮影日:2018年5月21日;撮影者:鈴木雅大
 
シロツメクサ(クローバー)の蜜を集めているセイヨウミツバチです。
 
参考文献
 
永幡嘉之 文・写真.奥山清市 写真.2017. くらべてわかる昆虫.143 pp. 山と渓谷社,東京.
 
NPO法人 武蔵野自然塾 編.2017. 危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編.132 pp. 文一総合出版,東京.
 
篠永 哲・野口玉雄 2013. フィールドベスト図鑑 vol.17. 危険・有毒生物.256 pp. 学研教育出版,東京.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ オピストコンタ動物界脱皮動物上門節足動物門汎甲殻亜門昆虫綱ハチ(膜翅)目

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る