タニコケモドキ Bostrychia hamana-tokidae
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2012年9月12日(2018年5月20日更新)
 
タニコケモドキ(谷苔擬き;別名:ニセタニコケモドキ 偽谷苔擬き)
Bostrychia hamana-tokidae E. Post 1941: 208.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),コケモドキ連(Tribe Bostrychieae),コケモドキ属(Genus Bostrychia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),コケモドキ属(Genus Bostrychia)*B. simpliciusculaとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),コケモドキ属(Genus Bostrychia)*B. simpliciusculaとして
*3. 熊野(2000)「世界の淡水産紅藻」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),ウミゾウメン亜綱(Subclass Nemaliophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),コケモドキ属(Genus Bostrychia)*B. simpliciusculaとして
 
掲載情報
時田 1941: 53-54; Zuccarello et al. 2018: 103.
 
その他の異名
  タニコケモドキ Bostrychia tenuis f. simpliciuscula auct. non (Harvey ex J. Agardh) Post (1936); 時田 1941: 51-53; Kumano 1979: 14. Figs 1, 2, 4-7; 吉﨑ら 1983: 280. Figs 1-11; 鳩貝 1986: 17. Fig. 7.
  タニコケモドキ Bostrychia simpliciuscula auct. non Harvey ex J. Agardh (1863); 久場 1987: 3-4. Fig. 4; Kamiya et al. 1994: 166. Figs 1-21; 吉田 1998: 1012; 熊野 2000: 317, 320. Pl. 171; 2002: 318. Pl. 196; 小林 2005: 25; 2014: 546; 比嘉 2018: 602-603.
 
Type locality: 鹿児島県 枕崎市 花渡川
Type specimen:
 
環境省レッドリスト2020:準絶滅危惧(NT);千葉県レッドリスト植物・菌類編(2017年度改訂版):最重要・重要保護生物(A-B);兵庫県版レッドデータブック2020:B;愛媛県レッドデータブック2014:絶滅危惧II類(VU);長崎県レッドリスト(2011):準絶滅危惧種(NT);鹿児島県レッドリスト(2015):準絶滅危惧;沖縄県版レッドデータブック第3版(2018):準絶滅危惧(NT)
 
分類に関するメモ:Zuccarello et al. (2018) は,日本でBostrychia simpliciusculaに充てられてきたものを,B. hamana-tokidaeとしました。彼らは岡村(1907)が記載したB. andoiB. hamana-tokidaeと同種であるならば,B. andoiが先行名であり,タニコケモドキの正しい種名となることを指摘し,今後B. andoiとの比較検討が必要であると述べています。

Bostrichia hamana-tokidaeの和名は「ニセタニコケモドキ」ですが,Bostrychia simpliciusculaの和名である「タニコケモドキ」を引き続き用いるのが適当でしょう。

 
タニコケモドキ Bostrychia hamana-tokidae
 
タニコケモドキ Bostrychia hamana-tokidae
 
タニコケモドキ Bostrychia hamana-tokidae
 
タニコケモドキ Bostrychia hamana-tokidae
撮影地:静岡県 賀茂郡 南伊豆町 青野川;撮影日:2014年5月15日;撮影者:鈴木雅大
 
タニコケモドキ Bostrychia hamana-tokidae
押し葉標本(採集地:静岡県 賀茂郡 南伊豆町 青野川;採集日:2014年5月15日;採集者:鈴木雅大)
 
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2012. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 11 September 2012.
 
鳩貝太郎 1986. 九十九里浜・木戸川河口域の藻類について.理科教育研究 25: 17-18.
 
比嘉 敦 2018. タニコケモドキ.In: 改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物 第3版(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-.pp. 602-603. 沖縄県環境部自然保護課,沖縄.
 
Kamiya, M., West, J.A. and Hara, Y. 1994. Reproductive structures of Bostrychia simpliciuscula (Ceramiales, Rhodophyceae) in the field and in culture. Japanese Journal of Phycology 42: 165-174.
 
小林真吾 2005. 愛媛県において絶滅の恐れのある淡水産藻類の分布に関する記録.愛媛県総合博物館研究報告 10: 23-27.
 
小林真吾 2014. タニコケモドキ.In: 愛媛県レッドデータブック2014-愛媛県の絶滅のおそれのある野生生物-.p. 546. 愛媛県県民環境部環境局自然保護課,松山.
 
久場安次 1987. 沖縄本島における淡水紅藻について.沖縄生物教育研究会誌 20: 2-7.
 
Kumano, S. 1979. Morphological study of nine taxa of Bostrychia (Rhodophyta) from southwestern Japan, Hong Kong and Guam. Micronesica 15: 13-33.
 
熊野 茂 2000. 世界の淡水産紅藻.395 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Kumano, S. 2002. Freshwater red algae of the world. 375 pp. Biopress Limited, Bristol.
 
岡村金太郎 1907. 日本藻類圖譜 第1巻. 第5集.東京.*自費出版
 
Post, E. 1941. Bostrychia hamana-tokidai spec. nov., eine neue süd-japanische Bostrychia. Beihefte zum Botanischen Centralblatt 61: 208-210.
 
時田 郇 1941. 二三海藻に關する知見(2).植物及動物 9: 49-56.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
吉﨑 誠・宮地和幸・加崎英男 1983. 千葉県産タニコケモドキ.藻類 31: 280-283.
 
Zuccarello, G.C., West, J.A. and Kamiya, M. 2018. Non-monophyly of Bostrychia simpliciuscula (Ceramiales, Rhodophyta): Multiple species with very similar morphologies, a revised taxonomy of cryptic species. Phycological Research 66: 100-107.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科コケモドキ連コケモドキ属タニコケモドキ
 
日本淡水産紅藻リスト(仮)紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科コケモドキ連コケモドキ属タニコケモドキ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る