タマイタダキ Delisea japonica
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年2月8日(2018年3月31日更新)
 
タマイタダキ(玉戴)
Delisea japonica Okamura 1908: 139. Pl. 29, Figs 1-10.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),カギノリ目(Order Bonnemaisoniales),カギノリ科(Family Bonnemaisoniaceae),タマイタダキ属(Genus Delisea
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),カギケノリ目(Order Bonnemaisoniales),カギケノリ科(Family Bonnemaisoniaceae),タマイタダキ属(Genus Delisea
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),カギケノリ目(Order Bonnemaisoniales),カギケノリ科(Family Bonnemaisoniaceae),タマイタダキ属(Genus Delisea
 
掲載情報
吉田 1998: 649-650. Pl. 3-41, Figs F, G. Pl. 3-43, Fig. A.
 
その他の異名
  Delisea pulchra auct. non (Greville) Montagne (1844); Yamada 1930: 28-29; 岡村 1936: 428. Fig. 199.
  Delisea fimbriata auct. non (J.V. Lamouroux) J.V. Lamouroux in Léman (1819); 瀬川 1956: 62. Pl. 35, No. 272; Chihara 1962: 27. Figs 21, 22, 24-27; Chihara & Yoshizaki 1971: 151. Figs 1, 2; 吉﨑 1993: 240-241. Fig. 119.
 
Type locality: 千葉県根本
Type specimen: SAP herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
分類に関するメモ:Lee (2008)はDelisea japonicaD. pulchraの異名同種(シノニム)としています。
 
タマイタダキ Delisea japonica
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 田牛 二穴洞窟;採集日:2006年5月16日;採集者:鈴木雅大)
 
タマイタダキ Delisea japonica
嚢果を付けた枝(矢印)
 
タマイタダキは球形の嚢果を枝の先端付近に生じることが特徴で,和名「タマイタダキ」は玉(=嚢果)を枝の先に戴くという意味です。「タマを取ってこい」という意味ではありません。*かつてこのネタでしょうもない笑いを取っていた方がおられました。
 
カギノリ目の多くは異型世代交代をする事が知られています。日本産種ではカギケノリ(Asparagopsis taxiformisカギノリ(Bonnemaisonia hamiferaが異型世代交代をする事が知られていますが,本種は胞子体がまだ見つかっていません。オーストラリアに産するDelisea pulchraは,同型世代交代をする点を除けば,形態的にタマイタダキと近似しています。このためLee (2008)はD. japonicaD. pulchraの異名同種(シノニム)としています。本サイトでは,D. japonicaが異型世代交代をする可能性が残されている事や,D. pulchraとの詳細な形態の比較や遺伝子の塩基配列の比較(注)が成されていないことから,従来通りD. japonicaを用いました。

注.タマイタダキのrbcL遺伝子の配列を決定し,国際塩基配列データベースで公開されているDelisea属の配列と比較したところ,タマイタダキは,少なくとも南極半島で採集されたD. pulchraとは異なるようです。オーストラリア産のD. pulchraの遺伝子配列データは未だ公開されていないので,確定とは言えませんが,タマイタダキは独立した種である可能性が高いと思われます。

 
参考文献
 
Chihara, M. 1962. Life cycle of the Bonnemaisoniaceous algae in Japan (2). Science Reports of the Tokyo Kyoiku Daigaku Section B 11: 27-53.
 
Chihara, M. and Yoshizaki, M. 1971. Morphological study of the thallus structure and reproductive organs of Delisea fimbriata (Florideophycidae, Rhodophyta). Phycologia 10: 149-154.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 14 January 2011.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第6集.東京.*自費出版.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Yamada, Y. 1930. Notes on some Japanese algae I. Journal of the Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 1: 27-36.
 
吉田忠生. 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
吉﨑 誠 1993. タマイタダキ.In: 堀 輝三(編) 藻類の生活史集成 第2巻 褐藻・紅藻類.pp. 240-241. 内田老鶴圃,東京.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱カギノリ目カギノリ科タマイタダキ属タマイタダキ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る